• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

高杉真宙「この作品で青春を送ることができた」映画「世界でいちばん長い写真」完成披露

映画「世界でいちばん長い写真」 6月23日(土)公開の映画「世界でいちばん長い写真」の完成披露上映会が行われ、高杉真宙、武田梨奈、松本穂香、水野勝、草野翔吾監督が登壇した。

 本作は、「武士道シックスティーン」や「ストロベリーナイト」など幅広いジャンルで活躍する人気作家・誉田哲也による同名小説を映画化。愛知県の学校で実際にあった出来事を基に描かれているハートフル青春ムービー。

 主演の高杉は「内気で言いたいことも言えない宏伸を演じました。彼はカメラと出会うことで、人生が彩り、成長してゆきます。この映画は、去年の夏、自分の青春のノンフィクションのように撮影できました。早く青春を届けたい!」と完成を喜んだ。

 武田は「宏伸の従姉妹でパンクな女性・あっちゃん(温子)を演じました。珍しく登壇者が皆んな緊張していますが、今日、お披露目できてすごくうれしいです」と語った。松本は「写真部の部長・三好を演じました。高杉さん演じる宏伸と正反対の性格で、真っすぐすぎて不器用な女の子です。脚本を読んだ時素直に『好きだな、この子』と思って演じました」と。水野は「温子の友達の智也を演じました。愛知県を舞台にした作品だったので、自分がいつも使っている名古屋弁を使えることはすごくナチュラルに演じられました」と話した。草野監督は「去年の夏休みを閉じ込めようと思って撮った青春映画です。登場するキャラクターがさまざまいるので、観た方々が映画の中で“自分”を見つけてくれたらうれしいです」と想いを明かした。

 また、この日は原作者の誉田も客席で舞台あいさつを見守った。代表して高杉が誉田に「本当に完成披露にご来場頂きましてありがとうございます。こうして駆けつけてくださることが素直にうれしいです。キャラクターを役者に預けていただけたからこそ、純粋に演じることを楽しませていただけましたし、去年の夏、この作品で青春を送ることができました」と感謝を伝えた。

映画「世界でいちばん長い写真」
6月23日(土)よりシネ・リーブル池袋・イオンシネマ全国順次ロードショー

公式サイト:sekachou.com

©2018 映画「世界でいちばん長い写真」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える