• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山崎育三郎&乃木坂46・生田絵梨花、出演ミュージカルのワンシーンを『Mステ』で生再現

09 生田絵梨花(2017年)_R

 山崎育三郎と乃木坂46・生田絵梨花が6月8日(金)放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(後8・00)で、出演中のミュージカル「モーツァルト!」のワンシーンを再現する。

 同ミュージカルで、主人公の天才作曲家モーツァルトとその妻コンスタンツェを演じている山崎と生田。今回披露する「愛していれば分かり合える」は、モーツァルトとコンスタンツェの結婚のきっかけとなる場面を描いた、セリフあり歌ありの感動的な名シーンとして知られる。『Mステ』でミュージカルを再現するのは、初の試み。本場の臨場感たっぷりに歌い上げる2人に注目だ。

 結婚後初登場となるSuperflyは、新曲「Fall」をテレビ初披露。“禁断愛”を歌った同曲について、Superflyは「人に“魔を差す”実態のない存在、ある意味ファンタジーな存在を主人公に添えた」と説明し、「想像力をフルに回転させて楽しみながら作詞をしました」とコメント。さらに「歌詞のテーマとして考えたキーワードのひとつに、『魔が差す』という言葉がありました。人が、魔が差してあらぬ言動をとってしまうのは“魔を差す”存在があるから、ということに着目し、人に魔を差す魔物=魔女のお仕事を歌詞で表現しました」と語っている。

 ほかに、三代目 J Soul Brothersは「恋と愛」をテレビ初披露。ジャニーズJr.内の人気グループで初登場のHiHi Jets・東京B少年は「サマー・ステーション」「みなみなサマー」の2曲、MAN WITH A MISSIONは「Take Me Under」をそれぞれ披露する。

“Mステランキング”のテーマは「ダンスがすごいと思う映画ランキング」。映画「ラ・ラ・ランド」や「グレイテスト・ショーマン」、「フラッシュダンス」などの名ダンスシーンを紹介する。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真