• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ジャニーズWEST・神山智洋「翼君の思いを背負って演じたい」

舞台「オセロー」製作発表会見 舞台「オセロー」の製作発表会見が行われ、中村芝翫、檀れい、神山智洋(ジャニーズWEST)、前田亜季、井上尊晶(演出)、松任谷正隆(音楽)が出席した。

 1604年の初演以来、400年以上経つ現在も上演が途絶えることがない、シェイクスピアが残した四大悲劇の最高傑作「オセロー」。主人公・オセローを演じる中村芝翫は、本作が襲名後初の翻訳劇への出演となる。

 襲名から2年間は歌舞伎一色だったという中村芝翫は「橋之助の時代には歌舞伎以外のお仕事ですごくお世話になり、勉強させていただいた。芝翫になってからも呼んでいただける舞台は喜んでやりたいと思っていた中、去年の9月に本作の話を聞いて、とてもびっくりしました。まさか、この年になってシェイクスピアの作品をやらせていただけるとは夢にも思っていませんでいた。お声をかけていただいて本当にありがたい」と大感激の様子だった。

 そして、病気療養のため出演降板となった今井翼にも触れ、「本当に早く治してほしい。また一緒に芝居をしたいなという思いが強いです」と語ると、「そんな中、私の友達の生田斗真君から“神山は大丈夫です!”というご連絡をいただきました。神山君ならではの素晴らしいイアーゴーを作っていけると思います」と期待を寄せた。

 今井に変わっての出演となった神山は「お話をいただいたときは、まさか僕がシェイクスピアの作品をやれる日がくるとは、とビックリしました。でも、いずれは挑戦してみたかったので、“やったー!”という喜びで台本を受け取りましたら、とんでもないせりふの量でして(笑)」と苦笑い。

 本番まで3か月をきる中、「既に間に合うかなぁ…と不安な気持ちもありますが、翼君から“よろしくお願いします”というお言葉もいただいたので、翼君の思いを背負ってしっかりと自分なりのイアーゴーを演じていきたい。「オセロ」の中の世界観をひっかきまわして、ぶっこわしていきたいです!」と意気込んだ。

 また、ジャニーズWESTのメンバーの反応を問われた神山は「みんな“楽しみ。シェイクスピア難しいと思うけど、頑張って”と言ってくれてます。観に来なかったら僕は“おいで、おいで!いつ来んの?明日来んの?今日来んの?”って連絡の嵐をするので(笑)」と笑顔で語った。

 舞台「オセロー」は、9月2日(日)から26日(水)まで新橋演舞場で上演される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える