• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

上白石萌歌&ウーマン村本が綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』に出演決定

©TBS

©TBS

 7月10日(火)スタートの『義母と娘のブルース』(TBS系)に綾瀬はるか演じる義母・亜希子の娘役(高校生)で上白石萌歌、亜希子の部下・前原大輔役でウーマンラッシュアワーの村本大輔が出演することが決定。ポスタービジュアルも初公開された。

 高校生に成長した亜希子の娘・宮本みゆきを演じる上白石は、本作がTBS連続ドラマ初出演。物語は高校生に成長したみゆき目線で進行され、ナレーションを担当する上白石は「みゆきは一見穏やかで飄々としていますが、秘めた強さを持っている女の子。幼い頃から大きな岐路に立たされ、なかなか受け入れ難い現実と向き合っていく姿には胸を打たれます。繊細な心の揺れを役と一緒に感じ、成長していきたいです」と語り、「そして、素晴らしい共演者の方々とご一緒できることをとても光栄に思います。ちょっぴり笑えて皆さんの胸にジンと響く、家族について、自分について考える時間をお届けできるように頑張ります!」と意気込んだ。

 また、連続ドラマ初レギュラー出演のウーマンラッシュアワー村本は、エリートサラリーマン役ということで、満を持しての“デコ出し”にも挑戦。「同じシーンを何回も撮るのは、漫才師としては初めてで、リハしてカメラ位置を確認して撮るということに衝撃を受けました。ルミネthe よしもとの袖が恋しいですね(笑)」と普段とのギャップに戸惑い、「最初はめちゃくちゃ表情も硬く、綾瀬はるかさんのような美人を目の前にすると余計に緊張してしまいました。僕がこのドラマに出ることで、ドラマの好感度が下がるのではと心配です(笑)」と自虐した。

火曜ドラマ『義母と娘のブルース』
TBS系
7月10日スタート
毎週火曜 後10・00~11・07

原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)
脚本:森下佳子
プロデュース:飯田和孝、大形美佑葵
演出:平川雄一朗、中前勇児

出演:綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、横溝菜帆、川村陽介、橋本真実、真凛、村本大輔、奥山佳恵、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える