• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

WINNER 日本ツアーファイナル武道館公演 CSテレ朝chで6・30放送

『WINNER JAPAN TOUR 2018~We’ll always be young~』 WINNERの全国ツアー『WINNER JAPAN TOUR 2018~We’ll always be young~』のファイナル公演の模様が、CSテレ朝チャンネル1で6月30日(土)午後5・00から放送される。

 WINNERは、「YG ENTERTAINMENT」所属のボーイズグループ。4人体制となって初の日本ツアー「WINNER JAPAN TOUR 2018」は、7都市11公演で3万4千人を動員した。そのツアーファイナルとなる初の日本武道館公演の模様が、CSテレ朝チャンネル1で放送される。

 ライブは22か国でiTtunesチャート1位を獲得したディスコナンバー「LOVE ME LOVE ME」でスタート。続くレゲエ調の「DON’T FLIRT」では観客たちと掛け合いを見せ、さらには事務所の先輩であるBIGBANG の名曲「HaruHaru」(WINNER Ver.)を日本語フルバージョンで披露。カン・ユンスンがアコギを弾く「COLOR RING」では、メンバーの自撮り映像が映し出される演出も。

 6月13日に発売された約4年ぶりのフル・アルバム『EVERYD4Y』の完成を観客たちと一緒に「乾杯」で祝し、昨年1億ストリーミング超えのヒットを記録した「REALLY REALLY」、さらに新アルバムから「EVERYDAY」の日本語バージョンを初披露して観客たちを盛り上げた。

 「IMMATURE」「SMILE AGAIN」などのEDMナンバーでは「最高で最強で最大級にしましょう、みんなで青春をしましょう!」(スンユン)の言葉に呼応して、会場は熱狂。

 本編最後には「WINNER 武道館おめでとう」の巨大垂れ幕と、観客たちの手には「WINNER 愛してる」のスローガンが掲げられるサプライズが飛び出した。

 アンコールでは、WINNERから、スタッフ、ファンへの感謝の思いを伝える映像が流れた。これはメンバーがスタッフにも内緒で進めていた逆サプライズで、「デビューして4年、僕らのそばにはインナーサークルがいたからできたことです。僕たちはいつも青春であります。We’ll always be young」とメッセージを送った。

「一歩一歩、4年をかけて武道館に来ました。大変な時期もありましたが、いつでも皆さんは手を差し伸べてくれました。今日の思い出を忘れずに、一生をかけて皆さんに恩返しをしたいと思います」(スンユン)

「今まで一緒にいてくれて、僕たちを武道館のステージに立たせてくれてありがとうございます。もっと活動して、もっとかっこいい姿で返していきたいと思います。そして、愛してる!」(ジヌ)

「初めて覚えた日本語は『一生一緒だよ』でした。覚えた通り、僕は責任を取らないといけないですね」(ミノ)

「毎回泣いていたら泣き虫WINNERになっちゃう。素敵な思い出を本当にありがとう」(スンフン)

 アンコールを終えると、今度はスタッフからのサプライズで「Road to BUDOKAN」と題した4人の軌跡をたどる映像が流れた。「WINNERとインナーサークルの深い絆はスタッフの誇りです。一生一緒だよ」のメッセージに4人は涙を流し、会場は感動に包まれた。

『WINNER JAPAN TOUR 2018 ~We’ll always be young~』
CSテレ朝チャンネル1
6月30日(土)午後5・00~

出演アーティスト:WINNER

番組サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0265/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える