• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

観月ありさ、夫役の田辺誠一は「怒ることあるのかなっていうくらいおっとりさん」

『捜査会議はリビングで!』 7月15日(日)スタートのプレミアムドラマ『捜査会議はリビングで!』(BSプレミアム)の試写会が行われ、主演の観月ありさ、田辺誠一が登壇した。

 本作は、女刑事の妻と売れないミステリー作家の夫が、夫婦でご近所や出先で起こる事件や謎を解決していく謎解きホームコメディ。

 妻・章子を演じる観月は「私は刑事役なので、毎回背負い投げをしたり、柔道のシーンがあったり、初めてやる事がたくさんあって大変ですが、楽しくやらせていただいています」とあいさつ。続けて「ご近所さんも個性豊かな俳優さんたちが演じてくださっていますし、田辺さんも毎回面白いお芝居をしてくださって、現場は本当に和やかでアットホームな雰囲気です」と撮影を振り返った。

 夫の晶を演じる田辺は「子供からご年配の方まで楽しんでいけるドラマにしたいと思っていまして、そういう風になっていたら良いなと思っています。夜10時枠ですが、夏休みということなので、子供たちにもいっぱい楽しんでもらって。ドラマって面白いなって幅広い世代に、ご家族そろって楽しんでもらいたい」とメッセージを送った。

 今回2人が演じるのは、柔道の達人で勘が命の章子(観月)と、作家で頭脳派の晶(田辺)というでこぼこコンビ。観月は「私自身“動”の性質が強いタイプ。(章子と晶は)とてもバランスの良い夫婦感だと思います。奥さんが勝ち気で、旦那さんがおっとりしていてサポートしくれるという関係性はとても相性がいい。ほっとして見られると思います」と説明した。

 田辺は「僕は“静”ということで、目立たずひっそりと低空飛行。なるべく波風立てずに、事件とかも起こらずに終わってほしいタイプです。(ドラマなので)毎回起こっちゃうのですが(笑)」と。すると、観月は「(田辺は)怒ることあるのかなっていうくらいおっとりさん」と付け加えた。

 観月は本作で、27年連続で連続ドラマ主演記録を更新。「27年目をこういう形で無事迎えられまして、とてもありがたく思っています。いつまで主演でやっていけるのかは分かりませんが、続けられるうちは続けていきたい」と語った。

 プレミアムドラマ『捜査会議はリビングで!』は、BSプレミアムで7月15日(日)後10時から放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える