• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

たんぽぽ白鳥“アゴ伸びる”から神扱いに発展!?「お供え物をされた」

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#73が7月2日に放送された。

 7月2日は、“美人コメンテーター”に、お笑いコンビ・まちむすめのあゆ、ももみ、自称“ブス”メンバーに、ニッチェの近藤くみこ、たんぽぽの白鳥久美子が登場した。

 テーマ「ブスの濡れ衣」では、ブスだから身に覚えのない疑いをかけられた話を聞いていくことに。すると自称“ブス”メンバーからは「友達の家でいつもウ○コをしていると疑われている」「男性から誘ってきたのに、次の日には私から誘ったことにされていた」「カメムシが大量発生した時の犯人にされた」などのエピソードが明かされた。

 スタジオでは、白鳥が「私も学校での話ですけど、同じクラスの子が、体操着を買うお金を持って来ていたんです。それが無くなって…。私も一緒に一生懸命探している時に、男子が『白鳥のアゴに隠してんじゃねえか?』みたいな。ここ(アゴ)に入るわけがないし『やってないよ!』と言った。学生の頃は、アゴ関係の疑いが多くて、『白鳥の隣の席に座るとアゴ伸びる』とか、その“伸びる”から、“才能や成績が伸びる”ってなっていって、最後には、私は“神的”な力を持っていると思われて、お供え物をされた時期があった」と告白する。

 これに矢作兼は「確かにいろいろ伸びたい時期だもんね!でも、真顔で『体操着代は、白鳥のアゴに入っている』と言った男の子はセンスがある」と話し、スタジオが笑いに包まれた。
 “美人コメンテーター”として登場したまちむすめのももみは「バイトの時とか、結構ミスしちゃうんですけど、その時は逆に、店長とかが『僕が悪いからごめんね』と謝ってくれました」と明かし、スタジオの自称“ブス”メンバーを「えー…」と絶句させた。

 続いてのテーマ「ブスのHのNGゾーン“そこはダメ!”」では、Hに関する“NGゾーン”があるか聞いていくことに。自称“ブス”メンバーからは「ワキが黒ずんでいて“象の肛門”と言われたから見ないでほしい」「イボ痔が3つあるので、お尻をじっと見られるのはNG」「乳輪が大きいので、ぽたぽた焼きで隠してほしい」など、衝撃の“NGゾーン”が明かされた。

 白鳥は「私は抱かれるようになって気づいたのが、胸の下に小さい鼻くそみたいなイボがあるんです。それで彼が最中に、手で払った。“ゴミに見えているんだ!”と思って…。それがすごく恥ずかしい」と明かし、スタジオは大爆笑。矢作は「自然にやってくれているんだね。優しさだね」と笑った。

 まちむすめのあゆは「私、めっちゃ貧乳なんですよ。多分、貧乳の人より貧乳かな。だから(Hを)する時に、仰向けになると重力で胸が広がっちゃって、余計にまな板みたいになるから、めっちゃコンプレックスです」と明かし、やっと弱点を見つけた自称“ブス”メンバーたちは「うれしい」と笑顔で話に聞き入った。

 「ブスの詐欺メイク」のコーナーでは、自称“ブス”メンバーの個性派・モリィが、芸能人の“真似メイク”で注目を集めるメイクアップアーティストのかじえりによる加藤綾子風メイクで大変身。矢作は「かわいい!」、まちむすめの2人も「大人の色気もあるし、めちゃくちゃかわいいですね!」と絶賛した。

AbemaTV『おぎやはぎの「ブス」テレビ』
放送日程:7月2日(月)放送
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

7月2日(月)放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/DHJdnLFRbD1RMR
Abemaビデオ:https://abema.tv/video/title/90-382
※過去の放送は「Abemaビデオ」で視聴可能。

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える