• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

香取慎吾が安倍首相と自撮りで「ジャポニスム2018」をPR!

「ジャポニスム2018:響きあう魂」出陣祝賀会 日仏の友好160年を記念し、パリ内外の100近くの会場で行われる日本文化・芸術の祭「ジャポニスム2018:響きあう魂」の出陣祝賀会が開催。広報大使を務める香取慎吾をはじめ、安倍晋三内閣総理大臣、ローラン・ピック駐日フランス大使、小池百合子東京都知事らが参加した。

 9月19日より、自身初となる個展「香取慎吾NAKAMA des ARTS」をパリのルーブル美術館シャルル5世ホールで開催する香取は「日本が大好きでフランスが大好きな僕が『ジャポニスム2018』に参加できことに驚いています。絵を描くのが大好きで、いつか個展をやりたいと思っていましたが、まさかパリで初の個展ができるとは思っていなかったので恐縮しています。一人でも多くの方に見ていただければうれしいです」とコメント。また広報大使として「まだ始めて8か月くらいですが、SNSでも“たくさん拡散”していきたいです」と大使としての活動にも意欲を見せた。

 その後安倍首相から同企画のマークがあしらわれた法被を着せてもらった香取は「ぜひ自撮りを」と司会者から促され「いいんですか?」と恐縮しながら安倍首相やピック大使と自身のスマホで記念撮影を。安倍首相も「法被を着てハッピー!」と冗談を飛ばすなど、うれしそうな表情をのぞかせた。

会にはほかに同企画に携わる樹木希林、宮本亜門、コシノジュンコ、TAKAHIROらが出席。8/9(月)に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで上演される「“Pretty Guardian Sailor Moon” The Super Live」に出演する「セーラー戦士」たちも駆けつけ、会場を盛り上げた。

「ジャポニスム2018:響きあう魂」は、2018年7月~19年2月、ポンピドゥ・センター、パレ・ド・トーキョー、ギメ東洋美術館などパリ市内各所を会場に開催。古くは日本文化の原点とも言うべき縄文から伊藤若冲、琳派、そして最新のメディア・アート、アニメ、漫画まで、さらには歌舞伎から現代演劇や初音ミクまで、日本文化の多様性に富んだ魅力を紹介する。香取の初個展「香取慎吾NAKAMA des ARTS」は2018年9月19日~10月3日までルーヴル美術館シャルル5世ホール(カルーゼル・ドゥ・ルーヴル)で開催される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える