• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

伊藤健太郎“流川”も改名候補だった!?『ムビふぁぼ』7・16放送

©TBS

©TBS

 21歳の誕生日に改名を発表した俳優・伊藤健太郎が、自身がMCを務める映画情報番組『ムビふぁぼ』に、“伊藤健太郎”として初登場。改名に至るまでのエピソードを披露する。

 ローマ字表記の“kentaro”でモデル活動をスタートし、“健太郎”に改名。ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で役者デビューすると瞬く間に注目を集めた伊藤は、9月21日(金)公開の映画「コーヒーが冷めないうちに」など、現在多数の出演作を控えている注目の若手俳優だ。

 改名後、初めて『ムビふぁぼ』の収録に臨んだ伊藤は、実はかねてから改名を考えていたことを明かす。すると、共にMCを務める内田真礼から「インパクトのある名字は考えなかったんですか?例えば、川中島とか(笑)」とちゃめっけたっぷりに問われ、伊藤は「いくつか候補はあったんですよ。例えば、流川(るかわ)とか。漫画のスラムダンクも好きだし、学生時代にずっとバスケットボールをやっていたので、かっこいいかなと思って(笑)」と意外な候補があったことを明かし、スタジオの笑いを誘った。

 さらに収録後には、伊藤の21歳の誕生日を祝うバースデーケーキがサプライズで登場。内田とスタッフに「Happy Birthday dear 伊藤健太郎さん~♪」と歌で祝福されると、驚きつつも、うれしそうな笑顔を見せた。

 内田と伊藤の和気あいあいとしたトークが話題の映画情報番組『ムビふぁぼ』(TBS)は、7月16日(月)深0・58放送。

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える