• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』に奥貫薫、春日井静奈、山口香緒里、西尾まりが出演決定

©TBS

©TBS

 綾瀬はるか主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)に、娘・みゆき(横溝菜帆)の同級生のママ役として、実生活でも母親である奥貫薫、春日井静奈、山口香緒里、西尾まりが出演することが決定した。

 7月17日(火)放送の第2話では、亜希子(綾瀬)がみゆきの母となるべく、子供を持つ女子社員を集めリサーチをかけたり、24日(火)放送の第3話では、みゆきが通う小学校のPTAの面々と関わったりと、亜希子には未経験のことが続出。仕事では無敵のキャリアウーマンだが、リアルママたちの中では浮いてしまう義母・亜希子は母親としての役目を果たすため悪戦苦闘。そんな場面によりリアリティを持たせるため、実生活でも母親である4人の女優陣が出演することとなった。

<第2話あらすじ>
亜希子(綾瀬)が宮本家に引っ越してきて、3人での生活がスタート。亜希子は、良い母親になろうと奮闘するが、逆にその行動がみゆきの反感を買ってしまっていた。一度は亜希子を義母として採用したものの、義母になることに再び反旗を翻すみゆきは、亜希子を追い出そうと、クラスメイトのヒロキ(大智)と一緒にある作戦を考える。いっぽう、会社の女性社員を集めて、なにやらリサーチをかける亜希子。女性社員たちに子持ちの男性と結婚したことを話すと、すぐに会社中に広まってしまう。その事実をまったく知らなかった部下の田口(浅利陽介)は、亜希子に自分の想いを伝えようと花束を持って颯爽と出社するが…。仕事をこなしながらも変わらず母親になろうと努力を惜しまない亜希子だが、自分の中には母親像がない。そこで、みゆきの実母・愛(奥山佳恵)をコピーすることを思いつき、みゆきが愛とよく行った場所や作っていた料理など、一生懸命に研究する。

火曜ドラマ『義母と娘のブルース』
TBS系
毎週火曜 後10・00~11・07

原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)
脚本:森下佳子
プロデュース:飯田和孝、大形美佑葵
演出:平川雄一朗、中前勇児

出演:綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、横溝菜帆、川村陽介、橋本真実、真凛、村本大輔、奥山佳恵、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える