• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ロバートの子供向けバラエティ『おはようロバート』7・28スタート

『おはようロバート』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、新番組『おはようロバート』が7月28日(土)前10時より放送されることが決定した。

 この番組は、ロバートの秋山竜次、馬場裕之、山本博がMCを務めるAbemaTV初の子供向けバラエティ番組。番組は、朝の情報番組のキャスターにふんしたロバートの3人による、思わずクスッと笑ってしまうようなやりとりから始まり、料理が得意な馬場が消しゴム等の文房具を材料に、調理器具を使用してそれっぽく料理を作る「文房具クッキング」、格闘技経験者の山本が、身体を張ってどんなピンチでもランドセルひとつで切り抜ける方法を伝授する「ランドセル護身術」、秋山ふんする乳道師範代が、文字に点などを書き加えることで“お乳”を浮かび上がらせていく「乳道」など、ロバートの遊び心満載のさまざまなショートコーナーを放送する。

『おはようロバート』 AbemaTV初の子供向け番組への参入について、秋山は「何といっても『おはようロバート』。朝の番組でこれだけふざけ倒しているものは、全世界を探してもない。見た人は必ず目が覚める、午前中で一番高カロリーな番組」と。馬場は「自分たちが小学生の時にやっていたようなことを、ちゃんと形になる完成度でやらせてもらえた。子供のころからのひとつの夢がかなった」と番組への思いを語った。また、最近私生活で父親になったばかりの山本は「子供が出来ましたけれど、大きくなったときに見て、笑ってくれるような番組になってほしい」と、意気込みを明かした。

 番組の監修を務める放送作家で演出家の鈴木おさむは「地上波でお笑い番組が減ってきている中で、“子供番組”という設定のお笑い番組が、子供ならずとも大人にもバズるといいなと。ロバートに新しい時代を作っていただきます」とコメントを寄せている。

 AbemaTV公式YouTubeチャンネルでは「モーニングDJ」のコーナーを期間限定で先行公開中。このコーナーでは、DJにふんする秋山が、まな板やトーストといった朝のアイテムを使って、ノリノリなDJプレイを披露する。

<ロバート コメント>
◆初回収録の手応えは?

秋山:自分たちのライブで生まれたものや、こういう遊びやりたいってものを基本的に全部やらせてもらえて、楽しくて仕方がなかった。ここまでOKの幅が広い番組は初めてかもしれないです。

山本:絶対に地上波じゃできないようなものを、楽しみながらやらせてもらえました。

馬場:ライブでやっているようなことが、そのまんまテレビ番組になっているような感じです。

◆それぞれのイチ押しのコーナーは?

秋山:「ひろしゾンビ」は、(山本の)普段からの切り替わり、ギャップがおもしろい。ひろしがここまではじけるのは、なかなかないですからね、相方ですけど腹抱えて笑いましたね。
ぼくは「乳道」かなぁ。昔から暇なときには、いろんな丸みを帯びた字の隙間におっぱいを書いていた。(乳道は)もうこのままプライベートでやっていくものと思っていたら、初めてちゃんと電波にのせることができた。プライベートでやっているものを人に観てもらうときこそ、嬉しいものはない。乳を探しだしたら、きりがないと思う。
新しい発見をみてもらいたい、この番組から流行るものが出てほしいですね。

山本:「ひろしゾンビ」ですかね。僕は普段から何をやっても山本なので、もしかしたらゾンビで自分を解放したのかもしれないですね。何が面白いのか、自分でもよくわかってないんですけどね(笑)

馬場:僕は「文房具クッキング」ですね。親だったら子供に見せたくないという内容だが、ただただ(文房具を)無駄にしているわけではなく、ちゃんと完成度高く形にすることができた。ひとつの子供のころからの夢が叶いました。

◆今後チャレンジしたいことは?

秋山:パーカーを被っている人同士で闘う“バトルパーカー”というオリジナルスポーツを開発したので、皆さんに是非広げたいし、お昼休みにやってほしいですね。“最低な替え歌”も作っているので、小学生の間で流行ってほしい。

山本:「小学校のときに流行っていたあの歌、実はロバート発だったらしい」みたいな感じになってほしいですね。

馬場:全国の小学校で流行ってほしいですね、学校で禁止になるくらいに。

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

秋山:なんといっても『おはようロバート』、朝の番組でこれだけふざけ倒しているものは、全世界を探してもない。
起きている方の生活に合わないほどのボケを詰め込んでいる、濃い。そういった意味では必ず目が覚める。
ぜひ小学生、そして大人の方もにも観てもらいたいです。

山本:子供が出来ましたけれど、大きくなったときに観て、笑ってくれるような番組になってほしい。
お母さんになってライブに来られなくなった方もいらっしゃいますから、ロバートは今こういうことやっているんだとお子さんと一緒に観ていただいて。

馬場:ロバートも20年目ですから、当時若手の時にライブのお客さんだった方はもう子供がいらっしゃる。
子供がいらっしゃる方は『おはようロバート』を観てくれると思うので、その昔からファンだった方の感想が楽しみです。「AbemaTV」は全国で観られますからね。

<監修・鈴木おさむ コメント>

◆1児の父親として、『おはロバ』が子供たちにとってどんな番組になればうれしいですか?

意味がわからなくても、笑ってる番組になってほしいです。

◆『おはロバ』と、他の子供向け番組との違い、狙いについて。

とにかく、「AbemaTV」でロバートのお笑い番組を作ることが最大の目的。地上波でお笑い番組が減ってきている中で、“子供番組”という設定のお笑い番組が、子供ならずとも大人にもバズるといいなと。

◆ロバートは、「小学校で視聴禁止」くらいになれば面白い。と話していますが、そのことについてどう思いますか?

見てたら怒られるくらいの番組になったら、それは勲章です

◆番組開始への意気込みをお願いします。

ロバートに新しい時代を作っていただきます。

AbemaTV『おはようロバート』
7月28日(土)スタート
放送日程:毎週土曜 朝10時~10時30分
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

出演者:ロバート(秋山竜次、山本博、馬場裕之)

放送URL: https://abema.tv/channels/abema-special/slots/DgPr2FA7mX3D3m
公式Instagram:https://www.instagram.com/oharoba_official/

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える