• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

スピワゴ井戸田に超能力!?「ハンバーグ!」で照明点滅『モノシリーのとっておき』7・20放送

『モノシリーのとっておき』 古舘伊知郎がその道のプロ中のプロに徹底的に迫る『モノシリーのとっておき』。7月20日(金)は「信じられない超常現象スペシャル!」を放送する。

 番組では、未確認飛行物体=UFOや、これまで見たことがないナゾの巨大生物、そして恐ろしすぎる心霊現象まで、世界中で目撃・記録されている超常現象映像を公開。その真偽を超常現象の専門家“モノシリーさん”が解説する。

 スタジオでは、ゲストのスピードワゴンの井戸田潤が、自らの信じられない体験を紹介。「ロケでホテルに行って、ハンバーグ師匠のネタをやったんです。“ハンバーグ!”って言ったら、照明がピカピカってなったんです。もう一回“ハンバーグ!”って言ったら、またピカピカって」。現場には他の出演者もいたが、彼らが大声を出しても照明には何の変化もなく、井戸田がもう一度「ハンバーグ!」と叫ぶと、照明が再び点滅したという。実際の映像を見てみると、そこに映っていたのは…。

 この告白に、モノシリーさん=超常現象研究家の秋山眞人は「サイキックの資質があるのかもしれません」と発言。「実は潜在的に(能力が)あったんだけど、大人になる過程で抑圧していた。それが何かのきっかけで頑張ったときにボンとでちゃうことあるんですよ」と。

 番組スタッフが井戸田にあらためて話を聞くと「3~5年くらい前に、新宿のライブハウスでスプーン曲げにチャレンジしたんです。5分から10分くらい、曲がれ曲がれって、マジでイメージしてスプーンをこすって…。そしたらぐーって曲がって!これマジなんですよ(笑)。全然力も入れてなくて。特別なスプーンじゃなくて、フードコートとかにもある普通のスプーンでした。超常現象を信じるか?半信半疑ですけど、興味はあるし、見ていて楽しいですよね」と、別の体験もしていたことが判明する。

『モノシリーのとっておき』 収録後、スタジオゲストの小島瑠璃子も自身の恐怖の心霊体験を告白。仕事で毎週大阪に行くという小島は、テレビ局が用意したホテルにいつも泊まっていたという。しかし、そのホテルではなぜかいつも寝つけず「どうしても寝られなくて。私は枕が変わると寝られないというタイプじゃないんですよ。旅行でどこに行っても寝られるし、新幹線でも爆睡できる。ロケバスでもすぐ寝るし。でもそのホテルだけ寝られなくて」。

 そしてある晩、そのホテルの同じ部屋で男に首を絞められている夢を見てしまい、それ以来、そのホテルに泊まるたびに同じ夢を繰り返し見るように。「1年くらいその夢を見ちゃうようになっちゃって。それで、音を上げて“すみません、本当に生意気なんですけど、ホテルをかえてください”って言って。ホテルをかえたら、一晩も寝られない夜はないです」と自身の体験を明かした。

 さらに番組では、水面をゆらゆらと泳ぐ見たこともない巨大生物やビッグフット、そして空を飛ぶドラゴン、さらには“呼吸する木”など不思議な自然現象まで衝撃映像を公開。古舘も「これはびっくりですね!」とうなった超常現象映像が続々登場する。

『モノシリーのとっておき』
フジテレビ系
7月20日(金)午後7時~7時57分

<MC>
古舘伊知郎
山﨑夕貴(フジテレビアナウンサー)

<ゲスト>
井戸田潤(スピードワゴン)
井森美幸
小島瑠璃子
山崎弘也(アンタッチャブル)

<モノシリー(達人)さん>
秋山眞人さん(超常現象研究家)
角由紀子さん(TOCANA編集長)
原田実さん(歴史研究家)

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える