• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

動物写真家・岩合光昭の初監督作「ねことじいちゃん」ティザービジュアル解禁

「ねことじいちゃん」 世界的な動物写真家・岩合光昭が初めて映画監督に挑戦した「ねことじいちゃん」の公開日が2019年2月22日(金)の“猫の日”に決定し、ティザービジュアルが解禁された。

 本作の舞台は、映画初主演となる立川志の輔が演じる主人公・大吉と、その飼い猫のタマが暮らす猫と老人ばかりの小さな島。美しい風景においしい食事、助け合い、笑い合い暮らす人々と、かわいくもたくましく生きる猫たちを描く、豊かでいとおしい猫と人間の物語。

 解禁されたのは「なーんにもないけど、大切なものは全部ある。ここはきっと、日本のどこかにある楽園。」という物語の世界観を凝縮したティザービジュアル。

 写真は、もちろん本作の監督を務める岩合光昭による撮影。劇中で大吉とタマが散歩コースにしている場所で撮影され、その模様を収めた写真も解禁された。

 撮影について岩合監督は「タマと大吉さんは一人と一匹なのですが、ふたりと言いたくてこの写真を撮りました。ふたりの息の合ったところをご覧ください」とコメントしている。

 タマ役を演じたキジトラの猫・ベーコンは、オーディションで100匹以上の中からこの役を射止めた。人間やカメラになかなか慣れない猫が多い中、ベーコンは1人ひとりの足元をスリスリとあいさつするように歩き回り、さらに志の輔の顔を何度も見上げた様子がまさに、岩合監督が思い描く大吉とタマだったという。かわいい猫、きれいな猫がそろう中、「もうこの猫しかいない!」と抜擢されたベーコンは、本編でも大吉と息ぴったりの名演技を見せている。

「ねことじいちゃん」
2019年2月22日(金)“猫の日”ROADSHOW

<物語>
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと二人暮らしの大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もこれまでにない体の不調を覚えたりと、穏やかな毎日に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して―。
1人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるためにした人生の選択とは―

出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之 ほか
監督:岩合光昭
原作:ねこまき(ミューズワーク)「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊)
脚本:坪田文

製作:「ねことじいちゃん」製作委員会
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
配給:クロックワークス

©2018「ねことじいちゃん」製作委員会
©Machi Iwago

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える