• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

高杉真宙「この2人の距離を感じてほしい」『君の膵臓をたべたい』完成披露

アニメ『君の膵臓をたべたい』完成披露試写会 9月1日(土)公開の劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の完成披露試写会が行われ、高杉真宙、Lynn、和久井映見、藤井ゆきよ、内田雄馬と牛嶋新一郎監督、主題歌を書き下ろしたロックバンド・sumikaが登場した。

 主人公「僕」を演じた高杉は「この作品に関わることができて、大変うれしく思います!」とあいさつ。山内桜良を演じたLynnは「桜が舞う中を歩いてきたら、それだけで胸が一杯になりました」、桜良の母を演じた和久井は「こんなに青春のキラキラした物語の中にまぜていただいて光栄です」と語った。

 完成披露を迎えた気持ちを聞かれた牛嶋監督は「皆さんに愛情を持って取り組んでいただけたので、それに負けないように作るのに必死で、本当に妥協を許さず作れたと、胸を張って誇れます」とコメントした。

 高杉は「漫画やアニメやゲームが好きな自分は、ひとつの夢として声優があったので、お話を頂いた時は、うれしさや緊張を超えて、あぜんとしてしまいました。これから皆さんに見ていただくということで、とても緊張していますが、本当に素敵な作品ができたと思います」と思いを明かした。

 Lynnは「本作は切ない物語の中に、温かい言葉がたくさん心に残る作品で、アニメーションならでの幻想的な表現もあり、桜良として生きることができて、うれしかったです」と。高杉も「Lynnさんがいたからこそ、真っすぐ僕というキャラクターがゴールに向かって走れたのではないかと思っています」と語った

 恭子を演じた藤井は、アフレコ現場について「全部に感動してしまい、アフレコの最中もずっと号泣しながら、やっていたんですけど、いまだに何度見ても泣いてしまうくらい素敵な作品で、感無量です!」と。隆弘を演じた内田も「心に直接訴えかけてくるような映像の表現で、感情を入れながら見ることができる映画だと思います!!」と熱く語った。

 和久井は、高杉との共演について「この作品には、キラキラした時間の中で、二度と取り返すことができないものを感じ、終わった瞬間グッときてしまいました。高杉さんは、とても誠実で、作品に対して真面目に取り組まれている方で、マイクに向かわれた時の誠実さを感じながら、キャラクターがそこに存在されているような形で、隣に立たせていただきました」と。これを受けて高杉は「ありがとうございます!」と恐縮した様子で感謝した。

 主題歌を手掛けたsumikaは「映画の中で曲を使っていただくのがバンドとしての夢だったのですが、逆に意気込みすぎて、自分たちが作っているものに納得できなくなってしまい、曲数を追うごとに、書き直す回数が増えていって、最終的に、15回も書き直してしまいました(笑)。ただ、後悔のないものが出来たと思います!」と胸を張った。
 最後に高杉は「本作で初の声優をやらせていただいたのですが、キャラクターと共にたくさんの人と出会い、一緒に成長できたと思います。あらためて、この作品に携わることができて、良かったです。温かく切ない物語がたくさんの人に届いて、この2人の距離を感じていただけたらなと思いました」とメッセージを送った。

 本編上映後にはsumikaによるスペシャル生ライブが行われ、本作のために書き下ろした主題歌「春夏秋冬」とオープニングテーマ「ファンファーレ」が初披露された。

『君の膵臓をたべたい』
9月1日(土)全国ロードショー

原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社 刊)
原作イラスト:loundraw
監督・脚本:牛嶋新一郎
キャラクターデザイン・総作画監督:岡勇一
美術監督:小川友佳子
音楽:世武裕子
アニメーション制作:スタジオヴォルン
オープニングテーマ・劇中歌・主題歌:sumika
配給:アニプレックス

<キャスト>
高杉真宙 Lynn 藤井ゆきよ 内田雄馬 福島潤 田中敦子 三木眞一郎 和久井映見

©住野よる/双葉社 ©君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える