• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

岡村隆史の次なる“LIFE”の挑戦は「同棲」!?

 映画「LIFE!」の日本語吹替版完成披露試写会が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、主役のウォルター・ミティ(ベン・スティラー)の日本語吹替を担当した岡村隆史が登壇した。岡村は、「(ミティに)寄せてみました」と劇中のミティの服装そっくりの衣装で現れ、会場を沸かせた。

 スタッフから自由にやっていいと言われ、標準語で書かれていた台本をその場で関西弁に変えていったという岡村だが、アフレコまで含め2日で計16時間もかかったという。岡村は今回の吹替に挑戦したきっかけについて「以前やった『サザエさん』でいっぱいいっぱいで、今回の『LIFE!』の話があった時は、最初は無理無理!って。でも、作品を見終わって、“なんか新しいことにチャレンジしてみよう”という感じを作品から受けて、『LIFE!』だったからやってみようと思いました」と語った。

 


  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える