• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

スノーホワイツ インタビュー dTVオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」

「婚外恋愛に似たもの」映像配信サービス「dTV」で栗山千明主演dTVオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」が配信中。本作でアイドルグループ“スノーホワイツ”を演じる岩岡徹(Da-iCE)、和田颯(Da-iCE)、太田将熙、増子敦貴、聖貴にインタビュー。撮影秘話や普段の活動とスノーホワイツの違い、さらには今後の活動についてまで聞きました。

◆dTVオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」でスノーホワイツを結成して、この5人で演じてみていかがでしたか?

太田:役としては益子(江口のりこ)さんの“理想の息子”っていう要素があったので、自分よりいい子にならないとっていうのは常にありました。全然僕は理想の息子じゃないと思うので(笑)。だから、少しでも“理想の息子”に見えるように細かいしぐさを入れたつもりです。スノーホワイツの5人は、もちろんDa-iCEさんは知っていましたし、(増子敦貴と聖貴が以前所属していた)α-X’sっていうのも知っていました。しかも颯くんはプライベートでお会いしたことがあって、ご一緒できるのが純粋に楽しみでした。ダンスの部分ではDa-iCEさんからいろいろ刺激を受けられるだろうって撮影前から思っていて、やっぱりすごかったですし、敦貴と聖貴からも歌だったり、いろいろな刺激を受けました。短い期間だったんですけど、自分の中では本当にいろいろな刺激をいただき、今後の糧になりました。

敦貴:Da-iCEさんは事務所の先輩で、聖貴くんは以前同じユニットで活動していて、将熙くんは初めてでした。SNSのアイコンを見たら、濡れ髪だったので、クールな方なのかなって思っていたんですけど、実際はすごく明るくて、本当にハッチ(八王子)みたいだなって思いました。

岩岡徹

岩岡徹

岩岡:それ“第1印象と会った時の違いどうですか”っていう質問の答えじゃん(笑)

敦貴:(再度質問を確認して)楽しかったです!

一同:(笑)

敦貴:本当に撮影現場が楽しくて、メンバーにたくさんいじっていただけて幸せですし、女優さん方からも学ぶ事が多くありました。

聖貴:僕も将熙くんが言っていたように、ダンスの振り入れの時、今アーティストとしてやられているDa-iCEさんの覚えの早さや魅せ方を見て、すごく勉強になりました。演技の部分は、ドラマに出演するのが初めてだったので、どう演じればよいか現場で考えながらやっていたんですけど、5人で演技していくうちにだんだん5人で魅せる雰囲気が分かってきて。このメンバーで良かったなと思いましたし、それぞれの演技を見て、次の演技のやり方を考えるのも勉強になりました。初ドラマ撮影でたくさん学ぶことができましたね。

岩岡:特に思い出深かったのは、颯との絡みのシーンです。普段の日常生活だとないシーン(BLシーン)が結構多くあったので、やってみて面白かったです。(Da-iCEとして)7年一緒にいるので、そういった中でやるっていうのも新鮮で面白かったです。

和田:僕は最初から全員知っていたので安心した状態で現場に入ることができ、すごくやりやすかったです。でもやっぱり徹くんとのBLシーンが多かったのが印象的です。大げんかのシーンを撮影した後にBLシーンを撮影したんですよ。普通だったらBLシーンをやるっていうのは結構抵抗があると思うんですけど、その時、なぜかけんかよりBLの方がしっくりなって思って(笑)

一同:(笑)

和田颯

和田颯

和田:この感情あってるのかなって不安になったところはありましたね(笑)普段けんかの方がしないので。そう思ったら、なんかBLシーンの方がいつもの関係に近いんじゃないかって思いました(笑)

◆撮影の裏話や、撮影の合間にしていたことはありますか?

和田:ずっと敦貴をいじっていました。

一同:(笑)

敦貴:いや本当にうれしいです。僕に携わってくれて。

一同:(笑)

岩岡:携わってって(笑)

聖貴:敦貴は結構どこに行ってもいじられ役のキャラなんです。

敦貴:皆さん、本当に優しいんですよ。

聖貴:5人で撮影している時は、Da-iCEさんのシングル「FAKE SHOW」の発売時期だったので、振りを教えてもらったりして練習しました。

岩岡:3人とも飲み込み早かったです。

◆5人で撮影の後にご飯に行ったことはありますか?

太田将熙

太田将熙

太田:打ち上げの時に最後5人だけでご飯食べました。3次会ぐらいで。めちゃくちゃ楽しかったですね。ちゃんと普通にご飯とか食べながら話せる機会がなかったので、すごく楽しかったです。

◆それぞれの印象的なシーンを教えてください。

和田:徹くんとのけんかのシーンです。本当にやっちゃって、真っ赤になっちゃって(笑)。それと、カメラからの角度や、映り方はすごく勉強になりましたね。

聖貴:敦貴と二人で橋を通って、女優さん方に気づかれるというシーンです。その時花火大会が近くであって、ロケ地から花火が見えたんですよ。花火の音が入ったりして撮影が止まったりもしたんですけど、それが逆に印象深く、涼しい中で花火も見れてよかったです。

敦貴:みらきゅん(神田みらい)にバックハグするBLシーンやけんかのシーンも印象深いんですけど、やっぱりライブシーンですね。スノーホワイツの単独ライブで「La La La…」を歌って踊るシーンがとても印象的でした。

聖貴:エキストラの方々が声援をたくさん練習してくださっていたのも印象的でした。

太田:ラジオ収録のシーンがあったんですけど、その時何も情報を解禁していない中だったので、何の撮影なんだろうみたいな感じだったと思うんですけど、サインボールを投げる時に「わー!」ってすごく盛り上がってくださって、すごく助かりました。5人の女優さんも一緒になって皆で撮影するのはそこが初めてだったので、いろいろなケミストリーが生まれた気がします。エキストラの方と、女優さんと、僕らで。あとイジリーさんもですね。

岩岡:少し本編とずれますが、1日かけて撮ったミュージックビデオ撮影です。普段僕らが(Da-iCEで)撮る時と同じような感覚、同じような規模感、もしくはそれ以上でやらせていただきました。1つのドラマの中の作品とはいえ、すごくスタッフさんの熱量やチーム力を感じましたし、振り付けも楽曲もクオリティがとても高いなと思って、びっくりしました。走ってるシーンが一番大変でしたね(笑)

◆普段の活動と役の違いはありますか。

和田:ミディアムでかっこいい系の曲のMV撮影で、笑いながらやるとか、走ることをしたことがなかったので、曲の歌詞の世界観とは違う感じの表現がアイドル感なのかなとは思いました。

太田:僕が普段活動しているグループは歌も含めて本当にキラキラした感じでやっているんです。でも、スノーホワイツはアイドルグループなんですけどちょっとセクシーで大人な感じのクールな楽曲になっていて、色々な人が聞いても「ああ素敵だな」って感じる曲になっていると思っています。僕が普段している活動よりもクールな感じで、魅せ方も全然違いますね。徹くんと颯くんは楽曲のイメージをすごく表現しているなって思いました。あまり大げさな動きをせず、しっかりと(全体の雰囲気を)邪魔しない、丁度いい部分でやられているんだなというのをすごく感じて。それが曲を表現するアーティストとしては大事だなって。普段僕らは全員が歌うので、全員がそれぞれ自分を目立たせるパフォーマンスをしがちなんですけど、それがないのが素敵だなって感じました。

聖貴:今は個人で活動していますが、グループでやると刺激ももらえるし、頼れるメンバーが周りにいることで人間的な部分での支えになります。あとはパフォーマンス面も含めて、やっぱり一人でやるより何人かでやったほうが個々の魅せ方とかも違うし、幅は広がるなっていうのは再確認できましたね。

◆MV、音源も期間限定配信中の劇中歌「La La La…」の見どころを教えてください。

敦貴:振り付けがすごく見どころです。サビの入りの指パッチンのところとか。全体的にかっこよく、おしゃれだなと思います。

◆振り付けの印象はいかがでしたか?

岩岡:今回振り付けをしていただいたYWKIさんのダンスのスタイルがもともと好きで、Da-iCEを結成する前にレッスンを受けに行っていたこともあったんです。それからエイベックスでもレッスンを受けたりしていました。今回初めて振り付けしていただいたので、何か縁を感じましたし、このタイミングで仕事として出会えたのがうれしかったです。なので振りを見てほしいですね。

和田:振り入れの時はデモの音源でやっていたので、3人の声が入ってなかったんです。どんな感じになるのかなって言っていたのが、曲が上がってきた時にとても曲と声がしっくりきていて、「え、めっちゃいいじゃん」って(笑)

◆レコーディングはいかがでしたか?

太田:僕の普段してきたレコーディングスタイルとはまた違って、3人とも一緒にブースにいて代わる代わる歌っていました。僕らの場合は一人だけで録って終わりなんです。でも今回はずっと残っていて、それぞれの歌を聞きながらディレクターさんがアイデアを出してくださいました。「じゃあハモリこうしてみよう」とか、曲のテイスト的に「もう少し抜いた状態で」とか。普段はもう少し感情を込めがちなんですけど、結構無機質な感じで歌いました。それがたぶん雪を表しているのかなと、そういう雰囲気もあるのかなと思いました。

聖貴:他の人の歌い方を聞きながらできたのが良かったし、やりやすかったです。それぞれの個性も少しは出したほうが良いと思ったので、前の人からどうバトンを受け継いで歌うかも考えました。

◆推しメンとされていた女優の方の印象はどうでしたか?

和田:(安達さんは)テレビで見ていた人だったので、本物だという感覚が大きかったです。顔が本当に小さくて、これは隣に並べないなって(笑)。本当におきれいですごく気さくな方で、お写真も撮ってくださってすごく優しい方でした。

岩岡:(栗山さんは)僕の勝手なイメージだとクールな凛とした印象だったんですけど、実際お会いしてみるとかわいらしい部分がたくさんありました。それは劇中でもそうだったんですけど、年上の女性のそういったかわいらしい部分ってすごい男としてキュンとくるなって感じましたね。それが俗に言うギャップって言うんですかね。大人っぽい方がそのまま大人っぽく女性らしくいるというよりは、そういう人たちが魅せるあどけない表情というか、少女のような表情というか、そういったものにキュンときました。

◆今後の目標や挑戦してみたいことを教えてください。

太田:役者としてこの世界に入ったんですけど、人前でパフォーマンスするのが今は本当に楽しくて、すごくそこにいろいろな生きがいを見つけているので、お芝居とか何がやりたいとかに縛られず、エンターテイメントをもっと追求して、歌にももっと挑戦していきたいなと思っています。常に謙虚な人間でずっといたいです。あとは、海外にプライベートで行けていないので、ずっと昔から行ってみたかったヨーロッパとか、アメリカのルート66の方でセドナとかパワースポットとかに、休みが取れたら勇気を出して行きたいなっていうのは常日頃思っています。普段日本にいるとずっと携帯をいじったりしちゃうんですけど、そういう環境から離れた中で色々と見つめ直し、刺激を受けたいです。

増子敦貴

増子敦貴

敦貴:今後はダンス&ヴォーカルのグループを組んで、デビュー目指して頑張りたいなと思います。また、お芝居も本当に大好きなので、色々な舞台や映像作品にも挑戦して、成長していきたいです。今回のように歌とダンスとお芝居ができる環境はなかなかないと思うので、今後もこういうお話があればぜひやりたいですね。

聖貴:僕もとにかく歌が大好きなので、グループを組んでデビューという1つのスタート地点に立てるように頑張りたいです。演技はもともとあまり自信がないというか、苦手意識があったんですけど、今回このドラマをきっかけに興味が出てきて、すごくいい経験させてもらったなと思っています。これからも演技や映像系のお仕事を続けていきたいなと思いました。

和田:ドラマや映像の仕事はこれからやっていきたいので、もっと現場に慣れていきたいです。あとはやっぱり基本はパフォーマーなので、ダンサーとしての感性はしっかり磨いていきたいですね。けがをしない体を作っていけたらなと思います。

岩岡:個人的な目標ですが、ずっと思ってたんですけど、空気清浄機が欲しいです(笑)。なかなか手が出なかったんですけど、今年中に買うって言う目標があったので、空気清浄機を手に入れようと思いますね

和田:うちもウォーターサーバー置かなきゃ。

◆ドラマも後半戦に入ってきます。ドラマの見どころとファンにメッセージをお願いします。

敦貴:今後、スノーホワイツのメンバーが登場してくるシーンも増えてきますし、どんどん物語の展開が面白くなっていきますので、ぜひ最後まで楽しんでいただきたいです。

聖貴

聖貴

聖貴:回を重ねていくごとに変わっていく登場人物の心情とか、関係性の変化を楽しみに見ていただきたいですし、スノーホワイツも今後どんどん出てくると思うので、ライブシーン含め、僕たちの演技にも注目してほしいなと思います。僕も一視聴者として楽しませていただいているので、一緒に「婚外恋愛に似たもの」を盛り上げていけたらと思います。

太田:アイドルを追いかけるところに焦点を当てていますけど、ファン同士のドラマだったりとか、それぞれの家庭事情とかも描かれています。純粋にヒューマンドラマとしても見れますし、しっかりと面白いコメディ部分もあり、笑って、もしかしたらほろっと泣けるかもしれないっていう作品になっていますので、ぜひ見てほしいなと思います。スノーホワイツ5人もいますので、ライブシーンも注目してください。きっと僕のこと知らない方も初めましての方もたくさんいると思うので、少しでも興味を持っていただけたら、ぜひ他のお仕事も見に来ていただけたらうれしいなと思っています。

和田:1、2話を見ただけで「は、めっちゃ分かる!」と共感している人もいると思うんですけど、(オタクの文化を)知らない方もこのドラマで「あ、このオタク用語こういう意味だったんだ」と知っていけるようになっています。僕もそういう言葉詳しくないので、一緒に学んでいきましょう!

岩岡:ストーリー自体がすごく面白いので、純粋に全話見ていただきたいですし、作品のクオリティがものすごく高いなっていうのも僕も見ていて感じますね。自分自身も配信を楽しみにしてるので、皆さんと一緒に次の話を楽しみに待ちながら見たいと思います。

 

■作品情報

dTVオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」
配信中(全8話、毎週金曜更新)

出演:栗山千明 江口のりこ 平井理央 富山えり子/安達祐実
【スノーホワイツ】岩岡徹、和田颯、太田将熙、増子敦貴、聖貴

主題歌:大塚愛「あっかんべ」(avex trax)
原作:宮木あや子「婚外恋愛に似たもの」(光文社刊/2012)
監督:新城毅彦
脚本:西荻弓絵
制作会社:関西テレビ/メディアプルポ
製作著作:©エイベックス通信放送

ドラマ公式特設サイト:https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007035
スノーホワイツ特設サイト:https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007037

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える