• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

研ナオコが今も大切に歌う名曲秘話を語る『サワコの朝』8・4放送

『サワコの朝』 8月4日(土)放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系)に歌手の研ナオコが登場する。

 高校1年生のときに親や学校の先生に「歌手になりたい」と直談判した研は、学校を中退し、地元・静岡県から上京。数々のアルバイトをしながら歌手を目指し、歌のレッスンに励んだ。そして、17歳のときに「大都会のやさぐれ女」で待望の歌手デビューを果たすもなかなか売れず、マネージャーと2人で全国を回ったというキャンペーン三昧の日々を振り返る。

 いっぽう、バラエティ番組では『カックラキン大放送!!』や『8時だョ!全員集合』に出演し、大活躍。人気キャラクターだったナオコおばあちゃんなど、懐かしの映像とともに当時の思い出を明かす。

「記憶の中で今もきらめく1曲」では、小学生のときに同じ歳の小林幸子がテレビで歌う姿を見て衝撃が走ったという「ウソツキ鴎」への思い入れを告白。そして、これまで切ない女ごころを歌いあげてきた研が歌手活動を続けていく中で、その世界観に惚れこんだのが中島みゆき。「あばよ」や「かもめはかもめ」など、さまざまな楽曲の作詞・作曲をしてもらった中島への思いも語る。

 研と阿川佐和子が絶妙なトークを繰り広げる『サワコの朝』は、8月4日(土)放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える