• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

Sexy Zone松島聡が手越祐也主演のHulu『エピソードZERO 城山小太郎編』に出演

『ゼロ エピソードZERO 城山小太郎編』 加藤シゲアキ主演の『ゼロ 一獲千金ゲーム』の第5話から手越祐也が出演。その5話の放送終了後にHuluで配信される手越主演の『ゼロ エピソードZERO 城山小太郎編』にSexy Zoneの松島聡が出演する。

 手越演じる城山小太郎は、宇海零(加藤シゲアキ)らが挑む新アトラクションの残虐なクイズ司会者。なぜ、彼がドリームキングダムにやってきたのか。また、彼はなぜ在全グループの一員になったのか。小太郎がダークサイドに落ちる過程がこのスピンオフ作品で明らかになる。

 スピンオフ作品の中で、小太郎は「レンタル友達サービス」の会社を経営しており、松島演じるケイスケはその会社でアルバイトをしている高校生という役柄だ。

 ドラマで手越と共演する松島は「ドラマ出演の経験があまりないので、毎日とても緊張していますが、僕がガチガチに緊張していたのをすぐに察してくださった手越君が、現場の雰囲気を柔らかくしてくださり、とても楽しい現場です。(空き時間には)24時間テレビの話もさせていただいて、参考にさせていただいております。今回は手越君が会社の上司という設定なので、普段の先輩後輩という関係がそのまんま描かれている部分もあると思います。でも、お芝居で手越君と目を合わせる瞬間はやっぱりどうしても緊張します(笑)」と。

 そんな松島に対して手越は「グループは別ですが、いろいろな話をしたりメールもする仲なので、すごくナチュラルに、和気あいあいとやっています。ドラマがほぼ初めてというけど、全然そんな感じしないし、自分から監督に質問をしていて素敵な後輩だなと思いました」とコメント。

 オリジナルストーリーの見どころについては「本編の役柄は相当狂ってますけど、スピンオフはそうなるまでの小太郎のプロセスを描きます。昔はいじめられていたけど、普通の人間だった小太郎がどんどんどんどん崩れていく過程を見ていただけたらと思います。こういう狂気じみた役を一度演じてみたかったので、ワクワクしながらこの役に臨んでいます」と語った。

 小太郎がダークサイドに落ちていく『ゼロ エピソードZERO 城山小太郎編』は8月12日(日)第5話放送終了後にHuluで配信スタート。

『ゼロ エピソードZERO 城山小太郎編』
8月12日(日)5話放送終了後、Huluにて配信スタート

出演:手越祐也、松島聡、皆川猿時

原作企画:福本伸行「賭博覇王伝 零」(講談社「週刊少年マガジンKC」刊)
演出:二宮崇

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える