• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

外国人代表(!?)デニス植野&アントニーが宣伝担当・石井一久に猛抗議

 松本人志監督最新作映画「R100」のBlu-ray&DVDの発売を記念して、引退後に吉本興業に契約社員として入社した、元・メジャーリーガーの石井一久が“宣伝担当”としてイベント仕切りに挑戦。英語字幕版翻訳を担当し、松本監督とトロント映画祭に同行し通訳を務めたチャド・マレーン、ハーフ芸人の植野行雄(デニス)とアントニー(マテンロウ)も登場した。

 今回初仕事として「R100」DVD発売記念イベントを仕切ることになった石井は「本日はお越しいただきまして、誠にありがとうございます。私、本日のイベントを仕切らせていただきます、吉本興業契約社員で『R100』のDVD宣伝担当、石井一久です!!」とあいさつした。

 


  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える