• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“無冠の帝王”梅沢富美男、悲願の初タイトルなるか!?『プレバト!!』8・9放送

©MBS

©MBS

 8月9日(木)放送の『プレバト!!』(MBS/TBS系 後7・00)は、“2週連続”春夏秋冬恒例の名人・特待生だけによる俳句のタイトル戦「俳句査定!夏の炎帝戦スペシャル」の決勝戦を送る。

 今大会は「特待生は予選から参加」「名人は決勝で待ち受ける」という厳しい新ルールの下、過去最多となる12人の名人・特待生が参戦。2日放送の予選では、名人まであと一歩の実力者・中田喜子(1級)と特待生に上がって間もない立川志らく(5級)が1・2位にランクインし本戦進出。8月9日放送の決勝では、予選敗退者が見守る中、“ミスタープレバト”梅沢富美男(10段)をはじめとする5人の名人と、予選を通過した特待生2人が“夏の俳句王”の座をかけて激突する。

 昨年の炎帝戦覇者・藤本敏史(9段)は2連覇を目指し、「夏の俳句を詠ましたらフジモンの右に出る奴はおらへんな、みたいな」と豪語する中、金秋戦で1回、俳桜戦で2回優勝とタイトル戦三冠を誇る東国原英夫(10段)は「(昨夏、自分が敗れた)フジモンの俳句を目標に1年間ずっと勉強してきた」と明かし、夏の初優勝に意欲をみなぎらせる。

 また、タイトル戦では過去2回準優勝と好成績のKis-My-Ft2・横尾渉(3段)は「そろそろ獲らないと。ずっと千賀がトロフィーを自慢してくるんで」とメンバー間でのやりとりを明かし、昨夏の炎帝戦最下位など大舞台に弱いと評されるフルーツポンチ・村上健志(5段)は「得意な舞台がないんです」と語る。

 そんな、タイトル戦優勝経験者と予選を勝ち抜いたつわものが集結する頂上決戦で、「今回だけは“無冠の帝王”を返上してタイトル獲りますから!」と並々ならぬ意気込みを見せたのが梅沢。春の俳桜戦では東国原に敗れ惜しくも2位となった梅沢が“ミスタープレバト”の意地を見せることができるのか注目だ。

 そして、俳人・夏井いつき先生が決勝戦のために用意したお題は懐かしさ漂う“ラジカセ”の写真。「どんな季語を探しに歩き始めるのか」と期待を込める夏井先生の言葉にこたえるかのように、名人・特待生ならではの見事な俳句が続々登場。さらに、夏井先生が「どうしても世に出したい一句」として、予選で敗退したKis-My-Ft2・千賀健永の作品も紹介される。

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える