• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

池岡亮介「主演ということを考える暇がなかった」 映画「1/11」完成披露

 映画「1/11 じゅういちぶんのいち」の完成披露試写がテアトル新宿で行われ、本作が初主演となるD-BOYSの池岡亮介と、長編初監督となる片岡翔監督が登壇した。

 本作は「ジャンプSQ.」で連載中の漫画「1/11」を実写映画化。片岡監督は初めてこの映画の話を聞いた当時を振り返り「初めて原作を読んだ時はメッセージ性がとても強いと思った。ストーリーの中で個々が活躍していく展開は、構成がとても面白いと思い、映画化は難しそうだなと思ったが挑戦したいと思った。脚本は繰り返し何度も書き直したことがとても印象に残っています」と語った。

 


  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える