• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

名取裕子、26年続く『法医学教室の事件ファイル』に感慨「“熟年”に向かってきたのかな」

(C)テレビ朝日

©テレビ朝日

 名取裕子が主演を務めるテレビ朝日系人気シリーズ『法医学教室の事件ファイル』の第44弾が、8月12日(日)午後9時から放送される。

 法医学者の二宮早紀(名取)が、夫の刑事・一馬(宅麻伸)と共に難事件の謎を解き明かす物語。1992年に連続ドラマでスタートし、翌1993年に第2シリーズを放送。1994年からは2時間ドラマとして、『土曜ワイド劇場』枠などで人気を博してきた。

 今作は、早紀が自らの運転する車に乗せた元美容師の夏井真弓(吉田まどか)が車内で“溺死”。その矢先、真弓の同棲相手・近藤悟史(平野宏周)の刺殺体が見つかる。真弓に疑いがかかる中、早紀に中学時代の同級生・倉重啓司(益岡徹)から連絡が。倉重は真弓が娘のような存在だったと明かし、絶対に彼女が犯人ではないと主張。真相を探り始めた早紀たちの前に、キャリア志向の新署長・玉田元子(高岡早紀)が立ちはだかる。

 名取は「今回、私がやりたかったのは“昔に戻って、夫婦2人で協力して事件を解決すること”」だと言い、「シリーズがはじまった当初は、忙しい仕事を抱えながらも早紀は“旦那さま”のことを考えて着替えを届けたり、大好物のエビフライを入れたお弁当を差し入れしたりしながら、2人で現場を再現したり捜査についてやり取りして事件の謎を解く、ということをやっていたんです。いつしかそういう場面が少なくなっていたのですが、今回は初心に戻ってお弁当を届けたり、2人で事件について考えて行動したり…ということに取り組みました。なんだか懐かしい気持ちになりましたね!」と原点回帰をアピール。

「この『法医学教室の事件ファイル』は、もちろん手に汗握るミステリーなのですが、早紀と一馬はどこか“理想の夫婦”みたいなところがあるので、視聴者の方々は夫婦のふれあいや協力、そして家庭でのコミカルな部分も楽しんでくださっていると思います。この作品をご覧になった方が、“家族も仕事も大事にしていこう”“夫婦で仲良く協力するのもいいものだな”と思っていただけたらうれしいですね。また、日曜夜の放送なので、翌日からの皆さんのエネルギー源となるような作品になれば」と願いを込めた。

 シリーズ開始から26年を迎え、名取は「このシリーズの舞台は横浜ですが、26年の間にどんどん整備されて景色も変化し、シリーズがはじまった頃とは街自体が変わったなという気がします。時代と共に街が変わっていくように、このシリーズは視聴者の皆さんと一緒に歳を重ね、同じような悩みに直面しながら進んでいきたいなと思っています。今回は“宅ちゃん(=宅麻伸)”がロマンスグレーの髪になって登場しますし、15歳から息子の愛介役を演じている佐野和真くんもすっかり大人っぽくセクシーになっちゃいました(笑)。そういう意味ではドラマも歴史を重ねて、“熟年”に向かってきたのかな」と感慨深げ。

 今後の展望については、「いつか一馬が定年を迎えたり、早紀に孫が生まれておばあちゃんになったりしてもよいのではないかなと思うんです。姑・早紀が孫を挟んでお嫁さんとバトルする…なんていうのも、面白そうですよね(笑)」と語っている。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える