• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

千鳥・大悟、女子アナにデレデレ「なんで俺が好きな歌知ってるの?」

『チャンスの時間』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、千鳥がMCを務める『チャンスの時間』#15が8月7日に放送された。

 この番組は、誰もが「言われてみれば気になる」と感じる身近にあふれるさまざまな疑問を、MCの千鳥の2人と一緒に“クセの強い対決”で、実際に検証し、真実を明らかにしていくバラエティ。株式会社サイバーエージェントが運営する予想投票サービス「SUPERCHOICE(スーパーチョイス)」と連動し、視聴者が対決の結果を予想し、投票できる企画も実施する。

 8月7日は、ゲストに“太眉”がチャームポイントのタレント・井上咲楽が登場。前回から引き続き出演する井上に、ノブが「ごめんな、いいんですか?また来ていただいて…」と尋ねると、井上は「前回の“障子を破る企画”とか、見たことない企画しかないですね」と。ノブが「今回はお色気が入ってそうだから…。本当18歳の子を呼ぶなよ!」と番組スタッフにツッコむと、大悟も「ほんっとに、何のプラスにもならんからね」と井上に伝え、笑いを誘った。

 最初の対決「『AbemaTV』女子アナ大人のカラオケ対決」では、AbemaTVの女子アナウンサーの瀧山あかねと藤田かんなが登場し、“カラオケ”という設定で、誰が一番大悟をオトすテクニックを持っているかを競い合った。

 最初に挑戦した瀧山は「大悟さんが番組でスベっちゃって、落ち込んでいるときに2人でご飯に行った後の2軒目のカラオケ個室バー」という細かな設定で挑戦。瀧山が「私が大悟君の好きな歌うから、これで元気出して?」と、竹内まりやの「元気を出して」を歌うと、大悟は「ちょっと待って、なんでほんまに俺が好きな歌知ってるの?」とうれしそうな表情を見せ、満点の10点と評価した。

 続いて挑戦した藤田は、YUIのCHE.R.RYを歌い、大悟から同じく満点の10点をつけたが、歌唱力の差で瀧山の勝利となった。

 その後、番組のアシスタントを務める西澤由夏が、テレサ・テンの「愛人」で大人の魅力を前面に出して挑戦。大悟は「わし、逆にガッと来られるのダメなんよ。テレサ・テンをうちのお母ちゃんが歌っていたのを思い出したわ」と答え、大悟にまったく刺さらない様子にスタジオは爆笑に包まれた。

 番組の後半では、千鳥の2人が罰ゲームを回避するために自腹で入札をし合う「罰ゲーム回避入札対決」に挑戦。これまでの対決では、全てノブが1万円で入札し、罰ゲームを回避してきたが、今回の罰ゲームが、カメラに向かって奥さんへの愛の言葉を言ってもらう“公開告白!カメラに向かって愛の言葉”だと知ったノブは「恥さえ一瞬かけば痛くないということでしょ?」と答え、大悟も「嫁に愛の言葉なんていい事やん」と余裕の表情。

 入札する金額を書き終えた2人が同時にその金額を披露すると、大悟の1,600円に対しノブは1万円。結果ノブは罰ゲームを回避し、大悟が愛の言葉を披露することに。そして、大悟は「子供2人おって、ほったらかしてるのに文句ひとつ言わず育ててくれて。わしが元気出るようにって、よう笑ってくれてるし。好きって言うのはもう超えてるのかな」と、カメラを通し奥さんへの愛の言葉を伝えた。

AbemaTV『チャンスの時間』#15
放送日時:8月7日(火)深0時~1時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

MC:千鳥
ゲスト:井上咲楽
進行:西澤由夏

過去放送URL:https://abema.tv/video/episode/90-979_s1_p15

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える