• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

RADWIMPS野田洋次郎が『dele』に出演!8・17第4話で“元・天才超能力少年”役

(C)テレビ朝日

©テレビ朝日

 RADWIMPSの野田洋次郎が、山田孝之と菅田将暉がダブル主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』に出演。8月17日(金)午後11時45分から放送される第4話に登場する。

 人の死後にパソコンやスマホに残るデータ「デジタル遺品」をテーマにした1話完結型作品。不都合なデジタル遺品を内密に抹消する会社を立ち上げた車いすのプログラマー・坂上圭司(山田)と、圭司の仕事を手伝う何でも屋・真柴祐太郎(菅田)が、依頼人の人生やそこに隠された真相をひもとく。

 野田が演じるのは、遺体となって見つかる依頼人の日暮裕司。かつてサイコメトリー能力を持つ天才超能力少年として一世を風靡するも、行方不明者の居場所を霊視しようとして失敗。世間から猛烈なバッシングを受け、メディアから姿を消したという役どころだ。死を迎える瞬間まで抱え込んでいた“常人には計り知れない葛藤や孤独”を、野田が憂いを帯びた佇まいで表現する。

 なお、YouTube「テレ朝チャンネル」では、有料動画配信サービス「ビデオパス」にて順次配信中のスペシャル動画「dele.DOCUMENT」(日暮謙監督、全8話)の第1話を無料公開中。山田と菅田を中心としたキャスト・スタッフによる3か月の撮影を記録したドキュメンタリー。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える