• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大下容子アナ、『ハゲタカ』で綾野剛と共演「大変光栄」

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 テレビ朝日の大下容子アナウンサーが、綾野剛主演の同局系木曜ドラマ『ハゲタカ』((木)後9・00)に出演。8月23日放送の第6話に登場する。

 作家・真山仁の同名小説シリーズが原作。外資ファンド代表・鷲津政彦(綾野)が「ハゲタカ」とバッシングされながらも、日本の名門企業へ次々と買収を仕掛けて再生させる物語。第4話からは、第2部へ突入。大手総合電機メーカー「あけぼの」をめぐり、鷲津がPCメーカー「ファインTD」の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)と壮絶な買収合戦を繰り広げている。

 第2部最終回となる第6話では、滝本が鷲津へのネガティブキャンペーンを開始。新聞や週刊誌に“ハゲタカ”批判の記事が一斉に掲載される。これを受けて、鷲津はテレビの報道番組に出演。「ファインTD」のバックに潜むアメリカ最大の軍事産業ファンド「プラザ・グループ」の存在を世間に向けて暴露するという反撃に出る。

 大下アナが演じるのは、報道番組のキャスター。同局系『ワイド!スクランブル』」((月)~(金)前10・25)で実際にキャスターを務める大下アナは、製作サイドからのオファーに恐縮しつつも承諾したという。撮影を終えた大下アナは、「本当に素晴らしい作品に参加させていただいて大変光栄です。とても勉強になりました。綾野剛さんのような素敵なゲストの方なら、毎日でも『ワイドスクランブル』のスタジオに来てほしいと思いました」とコメントしている。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真