• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

市毛良枝の仰天山登りエピソードが明らかに!『サワコの朝』9・1放送

サワコの朝

 9月1日(土)放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系)に女優の市毛良枝が登場する。

 立教女学院高校を卒業後、文学座や俳優小劇場の養成所に入り女優人生をスタートさせた市毛。当時のオーディションでは「声が小さい」と言われ、デビューの頃からずっと自分を「落ちこぼれ俳優」だと思っていたという。

 しかしその後、1977年から出演した「小さくとも命の花は」から始まった初井言榮との「嫁姑シリーズ」で初々しい新妻役を好演し、“お嫁さんにしたい女優ナンバー1”と称され人気を博す。当初はテレビに出るつもりはあまりなかったという市毛が、ずっと自信が持てなかったという「俳優という職業」についての思いを阿川佐和子に語る。

「記憶の中で今もきらめく1曲」は、吉田日出子の「ウェルカム上海」。この舞台に魅了され、女優になるべく文学座を受験したという市毛が、人生の転機になったともいえるこの曲と当時を振り返る。

 また、女優として輝き続ける一方で、市毛がプライベートで夢中になったのが“登山”。もともとは努力・根性・汗をかくことが嫌いで運動が苦手だったそうだが、40歳の頃にあることがきっかけで本格的な登山を体験し、山に魅せられたという。海外ではアフリカのキリマンジャロに挑戦、国内では1人で登山し、一晩テントで過ごしたこともあるなど、市毛が仰天山登りエピソードが明らかになる。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真