• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

NGT48研究生お披露目ライブ「私たちも新潟の女です!」開催

『NGT48研究生お披露目ライブ~お待たせしました!私たちも新潟の女です!~』 新潟を拠点に活動するAKB48の姉妹グループ・NGT48が9月2日、『NGT48研究生お披露目ライブ~お待たせしました!私たちも新潟の女です!~』を、地元・新潟の万代シテイパークで開催した。

 1月に行われた「第3回AKB48グループドラフト会議」でファンからの指名を受けた5名と、4月に最終審査が行われた「NGT48第二期生オーディション」で合格した16名。その21名は、現在、研究生としてレギュラー番組に出演したり、握手会に参加したりと、メンバーとして活動中。

 今回のイベントは、3年前の夏に1期生たちが新潟のファンに向けてお披露目イベントを行ったように、研究生たちも正式にお披露目の場を設けたもので、先輩たちが数々のイベントを行ってきた万代シテイパークのステージが会場となった。

 お披露目ライブがスタートすると、NGT48の象徴ともいえる、トキをイメージした衣装に身を包んだ研究生21名が勢いよくステージに登場。まずは、1期生のお披露目の際と同じ楽曲となる「会いたかった」「NGT48」を披露した。

 この日のために積み重ねてきたレッスンの成果を見せようと、勢い余ってメンバー同士がぶつかったりしながらも、新人らしく元気いっぱいパフォーマンス。小見山沙空や富永夢有など、既に感極まり、目を潤ませているメンバーも見られた。

 自己紹介のコーナーでは、1期生の荻野由佳、山田野絵らも参加。キャッチフレーズ初披露となる2期生のあいさつをファンと共に見守り、「初々しい!」「かわいい!」と先輩メンバーも興奮気味。渡邉歩咲の「たいていのことは、生活に支障はなーい」という独特過ぎるキャッチフレーズには、驚きと笑いが起こった。

 続いて、解体されることが発表された新潟の街のシンボル「レインボータワー」に感謝の気持ちを伝えるセレモニーを、篠田昭新潟市長とレインボータワーを管理・運営している新潟交通の星野社長をゲストに迎えて実施。新潟市の移住プロモーションの一環として、オーディションにも審査員として参加した篠田市長は、晴れ舞台を迎えた2期生をはじめとする研究生を祝福するとともに、新潟市と姉妹都市のロシア・ウラジオストクでミュージックビデオが撮影されたシングル「世界の人へ」についても触れ、「まさに新潟から世界へ」とエールを送った。

 セレモニーでは、記念のくす玉を割ると、45年の長きにわたって街を見守ってきたレインボータワーに感謝と労いの言葉を伝える「ありがとう、レインボータワー」という垂れ幕が登場。幼い頃にレインボータワーに乗った思い出がある加藤美南は「NGT48はずっとレインボータワーに見守ってもらってきたので、これからはNGT48が新潟のシンボルになれるよう頑張ります」とキャプテンらしく意気込みを語った。

 また、工事のため設置されたタワーを囲む壁には、全メンバーの感謝の気持ちがつづられたメッセージポスターも掲出された(解体工事が終了するまで掲出予定)。

 ライブに戻り、研究生たちは「言い訳Maybe」「LOVE修行」を、さらに最後には1期生も加わって「Maxとき315号」をパフォーマンスした。

ライブを終えて、羽切瑠菜は「研究生21名みんなで、NGT48の未来は明るいなと思ってもらえるように頑張ります」とさらなる努力を誓った。これに対し、1期生の中村歩加は「みんな私たちのお披露目の時よりうまくて、本当に未来は明るいなと思う」と評価した。最後には、高橋七実が「NGT48研究生をもっともっと好きになってもらえたらうれしいなと思います」と締めくくった。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える