• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

おぎやはぎ矢作、詐欺メイクに「何でもできるわけじゃない」

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#81が9月3日に放送された。

 9月3日は、“美人コメンテーター”にタレントの葉加瀬マイ、自称“ブス”メンバーに、アーティストのLUNA、お笑い芸人の八幡カオルが登場した。

 最初のテーマ「本当にあったブスの怖い話」では、街行く人から「別れた彼氏とのHな動画を友達に見せてくる」というエピソードが。矢作兼が「男が寝ているところを撮って週刊誌に売るとか。何で女の人って写真を撮るの?」と出演者に聞くと、自称“ブス”メンバーの芸人・わたなべるんるんは「撮りますね。好きな人が家に遊びに来てくれて、その時一晩でうれしくて7000枚くらい写真撮りました」と明かすと、「ヤバい!」とスタジオの全員から悲鳴が上がった。小木博明が「それは悪いように流用しないよね?」と聞くと、「しないです。いい思い出として。でも何かあったら、やっちゃうかもしれない」と答え、笑いを誘った。

 “美人コメンテーター”の葉加瀬も「私の知り合いの女の子と仲良い子から聞いたんですけど、『実はあの子、この間妊娠したんだって。でも3人の男からお金を取った』と言っていて…。3人と同時に付き合っていて、(妊娠したので)全員からお金を請求した。その仲良い子は『ブスってうまくやるじゃん』と言っていた」と知人から聞いたエピソードを紹介。すると、自称“ブス”メンバーたちからは「ブスがやると思わないから引っかかるんじゃない?」「ブスだから、お金を払ってでも手を切りたかったんじゃない?」など、さまざまな意見が上がった。

 自分がしてしまった“本当にあった怖い話”を聞くと、芸人の八幡が「私、婚活アプリを使っていたことがあって、素顔じゃなくてパックをしている写真とかを載せていたら、『写真送って』と言われたので、私の顔写真を送ったら、『ごめんなさい』と言われた。マジか!と思って…。本当にメッセージとか何もこなくなった」と明かし、スタジオが大爆笑に包まれた。

 好評企画「ブスの詐欺メイク」のコーナーでは、芸能人の“真似メイク”で注目を集めるメイクアップアーティストのかじえりが、自称“ブス”メンバーの“能面ブス”こと岡本美樹さんに、水原希子風メイクを施した。しかし、衝撃のビフォーアフターに、矢作は「かじえりも、何でもできるわけじゃない」とコメントした。

AbemaTV『おぎやはぎの「ブス」テレビ』
放送日程:毎週月曜 後9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

9月3日(月)放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8Lht8rVmYr5D6X
※過去の放送は、Abemaビデオ(https://abema.tv/video/title/90-382)で視聴可能。

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える