• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

和楽器バンドの初全国ツアー「音ノ回廊」CSテレ朝chで9・8放送

「和楽器バンド TOUR 2018 音ノ回廊 -oto no kairou-」「和楽器バンド TOUR 2018 音ノ回廊 -oto no kairou-」が、CSテレ朝チャンネル1で9月8日(土)後5・00から放送される。

 和楽器バンドは、国内外において精力的にライブを行い、2016年には初の日本武道館公演、海外においては北米単独ツアーを開催するなど、ワールドワイドな活躍を見せる新感覚ロックエンタテインメントバンド。テレ朝チャンネル1では、グループ初となる全国ツアー「和楽器バンド TOUR 2018 音ノ回廊 -oto no kairou-」(25か所26公演)の中から、7月に国際フォーラムAで開催された東京公演の模様をバックヤード風景も交えて放送する。

 メンバー紹介が映し出されたスクリーンが上がると、ボーカルの鈴華ゆう子、箏のいぶくろ聖志、尺八の神永大輔、津軽三味線の蜷川べに、和太鼓の黒流、ギターの町屋、ベースの亜沙、ドラムの山葵の8 人がステージに登場。最新アルバム「オトノエ」のリード曲である「細雪」でライブがスタートすると、「紅蓮」「起死回生」と疾走感のある楽曲が続き、「シンクロニシティ」では鈴華と町屋のツインボーカルで会場を魅了した。

 そして、今回のツアーでは、各会場で日替わり曲を披露するという試みに挑戦。東京公演では「儚くも美しいのは」を披露した。中盤、黒流と山葵による打楽器バトルの後、今回のツアーで行っている対決コーナーなどをはさみ、「セツナトリップ」「脳漿炸裂ガール」「千本桜」など「ボカロメドレー」で一気に後半戦に突入し、「花になれ!」へ。ラストは『オトノエ』のエンディング曲でもある「天上ノ彼方」でライブを締めくくった。

<和楽器バンド・鈴華ゆう子 コメント>
国際フォーラムでのライブは久しぶりでしたが、ほど良い広さで集中した音楽ができました。洋楽器だけの演奏や、和楽器と私の剣舞のコラボなど見どころありでお楽しみいただける、私たちらしいライブがお届けできたと思います。今回のライブにお越しの皆さんはもちろん、まだお越しいただいていない皆さんにも、この放送で和楽器バンドを楽しんでいただいて、そしてまたライブ会場でお会いすることができればうれしいです。

「和楽器バンド TOUR 2018 音ノ回廊 -oto no kairou-」
CSテレ朝チャンネル1
9月8日(土)後5・00~7・00

公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0280/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える