• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

人気グルメ漫画「江戸前の旬」須賀健太主演で初ドラマ化!

『江戸前の旬』 10月13日(土)スタートの真夜中ドラマ『江戸前の旬』(BSテレ東)が放送されることが決定し、須賀健太が主演することが分かった。

 本作は、九十九森原作、さとう輝劇画による人気グルメコミックス「銀座柳寿司三代目 江戸前旬」のドラマ化。銀座・柳寿司の三男坊・柳葉旬が、父であり二代目である鱒之介の指導の下、三代目を目指す奮闘物語。

 主人公で「柳寿司」の職人見習いの柳葉旬を演じるのは須賀健太。須賀は「寿司が題材のドラマは最近少ないと思いますが、そんな中でコミックス100巻も間近という大きな原作作品に携われて光栄です」と出演に決まった時の感想を。また「寿司の知識を学べて、職人の在り方、構え方も感じられる、いろいろな角度から楽しめるドラマです。ぜひお楽しみに」と見どころを語った。

 旬の父親で「柳寿司」の店主・柳葉鱒之介を演じるのは渡辺裕之。渡辺は「グルメドラマとして寿司のうんちくが学べるのはもちろん、職人が一貫ごとに思いを込めて握るのが寿司だ、ということにも注目してみていただきたいです」と。また「そこには、“食”への尊敬・感謝の念も、“人間味”という味もあります。自分でも台本を読んでいて各話、必ずクライマックスで泣いてしまいます。ぜひお楽しみに」と語った。

<本作の見どころ>
【1】各話に出てくる寿司に注目!
お客さんに提供されるまでの素材選びから仕込みまで「江戸前寿司」の世界を堪能できる

【2】家族のそれぞれの思い
父から息子、姉から弟、そして息子から父への言葉では表せない機微が。

【3】柳寿司を訪れる客
常連客や1年に一度しか訪れない客や、お客さんに振る舞われる寿司にまつわるそれぞれの人生エピソードを旬(須賀)が感じ成長していく姿を描く。

<ストーリー>
銀座・「柳寿司」の三男坊、柳葉旬(須賀)は、長男・鱚一郎が家を出たこともあり、また、根っからの“寿司好き”であることから、江戸前の老舗「柳寿司」三代目という高みを志すことになった。弱冠、二十歳の旬だったが、父であり二代目である鱒之介(渡辺)の厳しくも愛情ある指導、そして、旬の優しさや時折見せるひらめきに惚れ込んだ常連たちの応援で、生まれ持った才能を一気に開花させようとしていた。伝統に支えられた江戸前寿司の職人技が四季折々の旬の魚や食材を最高の味に仕上げ、お客さんをもてなし、そして人情味あふれるエピソードと共に情感豊かに描かれていく奮闘記。

真夜中ドラマ『江戸前の旬』
2018年10月13日スタート

BSテレ東
毎週土曜 深夜0時~0時30分

テレビ大阪
毎週土曜 深夜0時56分~1時26分

出演:須賀健太、佐藤玲、田中幸太朗、田辺桃子、赤塚真人、渡辺裕之ほか

ナレーション:三遊亭小遊三
原作:九十九森 劇画:さとう輝
監督:小沼雄一、久万真路
脚本:松井香奈、石川美香穂、小沼雄一

©「江戸前の旬」製作委員会2018

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える