• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ベビレ高見奈央、大矢梨華子、渡邊璃生が矢口真里に解散を報告

『矢口真里の火曜The NIGHT』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『矢口真里の火曜The NIGHT』#120が9月4日に生放送された。

 9月4日のオープニングでは「今一番アツいアイドルは誰だ? 極アツ★アイドル2018」に出場するKissBee a.k.a うらきすとRHYMEBERRYの2組がスタジオに登場。自分たちで選曲した“極アツカラオケソング”を歌ながら自己紹介をする「熱量カラオケ自己showカイ」を行った。

“アイドル”と“YouTuber” 2つの顔を持つKissBee a.k.a うらきすは、映画「リトルマーメイド」の挿入歌「パート・オブ・ユア・ワールド」に合わせ、ミュージカルのような自己紹介を披露。2回目の登場となるRHYMEBERRYは、特技のラップを生かし、小沢健二featuringスチャダラパーの「今夜はブギー・バック」を選曲し、圧倒的なパフォーマンスを披露した。

 アイドルからの報告・連絡・相談を受け付ける「アイドルからのホウレンソウ」のコーナーでは、9月24日(月)に開催するラストライブをもって解散することを発表したベイビーレイズJAPANの高見奈央、大矢梨華子、渡邊璃生が登場。4月にも1度出演していた3人に対し、矢口真里が「前に(4月)来たときはもう決まってたの?」と尋ねると、大矢は「決まってなかったです。話にはあったんですけど。ずっとみんなで相談してたんですけど、本当に決まったのは発表のギリギリで」と説明し、矢口と岡野陽一を驚かせた。

 また、“解散”を聞かされた時の心境について、大矢は「スタッフさん抜きで5人でずっと話し合っていて、『どうしていく?』とか話しているうちに、“解散”という言葉はすごい出てたので。いざスタッフさんに決めていただいたときは、そうだよな、最後まで頑張ろうっていう感じでした」と。

 高見も「ずっと悩んでいた部分でもあったので、スタッフさんに決めてもらった時は『そっか』っていう残念な気持ちもありましたけど、最後に向けて頑張ろうと思いましたね」と続いた。

 そして、渡邊も「私もみんなと同じで、ずっとずっと話し合ってきたうえで、スタッフさんから解散するということを聞いて、『ん~まぁ、そうなるよな』って。でも5人の中でちゃんと口にしたことはなかったけど、みんなの中にはそういう(解散)選択肢もあったと思うので。でもやっぱり決まったからには、これからどうしていくかとか、ファンの方にどういう伝え方をしていくかとか、何を残していくかだとか、そういうものに気が向いている状態です」と語った。

 今後の活動や1人ひとりが見ているビジョンについて、大矢は「まだ完全には決まってないですし、発表するっていう場所もないので。解散した後、休んだりとか時間を頂いて」と語り、矢口が「じゃあ、最初はお休みするの?」と尋ねると「私たちは実家に帰ろうかなって。レギュラーのラジオとかはあるので、あんまりお休みはいただけなかったんですけど、1週間とかね。これまで帰れなかったので」と答えた。これを聞いた矢口は「忙しいのにもったいな~い!」とベイビーレイズJAPANの解散を惜しんだ。

 その他、番組では、高見が“解散後にやりたいこと”を語ったほか、ゲストとして魔法使いアイドルユニット・ナナランドが登場した。

AbemaTV『矢口真里の火曜The NIGHT』#120
放送日時:9月4日(火)深夜1時~3時(生放送)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

出演者:矢口真里、岡野陽一(元巨匠)
ゲスト:ナナランド、ベイビーレイズJAPAN 、KissBee a.k.a うらきす、RHYMEBERRY

過去放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/BfBugvNRfp8V8s

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える