• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『MステウルトラFES』にガールズダンスチーム「L.A.V」が出演「三浦大知さんやタモリさんにも会いたい」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 テレビ朝日系音楽特番『ミュージックステーション ウルトラFES2018』(9月17日(月・祝)正午~後9・48)のダンスオーディション企画「Mステへの階段 ウルトラオーディション」の最終審査がインターネットテレビ局「AbemaTV」で生放送され、ガールズダンスチーム「L.A.V」が優勝。『ウルトラFES』への出演権を獲得した。

 埼玉を拠点に活動するL.A.Vは、小学生から専門学生までの20人編成。最終審査へ進んだ10組の中からトップバッターで登場し、三浦大知の「EXCITE」に乗せて躍動感あふれるパフォーマンスを披露。見事、夢の切符をつかみ取った。

 キャプテンの太田歩花さん(17歳)は「本当にうれしいです。自分たちも“EXCITE”して、見てる人にも“EXCITE”を伝えるという気持ちを一番大事にしました」と喜び、『ウルトラFES』で会いたい人を聞かれると「三浦大知さんや、タモリさんにも会いたい」と笑顔。最年少の三谷采来さん(11歳)は「みんなとここまで来れたことがとてもうれしい。『ウルトラFES』でも“EXCITE”がみんなに伝わったら」と涙を流した。

 審査員長を務めたパパイヤ鈴木は「テレビで見てますよ」とエール。「プロのダンサーとしてやっていけるスキルはある。近い将来、仕事場でまた会ったときに声をかけてくれたらとてもうれしい」と、今後の飛躍にも期待した。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真