• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『私の奴隷になりなさい第2章・第3章』本編映像“支配編”解禁

187812_01_R 伝説の映画『私の奴隷になりなさい』の続編となる『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』(9月29日公開)、『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』(10月13日)が2章連続公開。 この度、行平あい佳演じる人妻・明乃が、毎熊克哉演じるご主人様・目黒の“奴隷”としてその心身を完全に委ねた瞬間を捉えた本編映像が解禁された。

 解禁された映像では、ベッドの上で目を閉じる明乃に真っ赤な首輪を優しく装着する目黒の姿が映し出され、裸に首輪だけの状態になった明乃に対し、目黒は「君は奴隷だ」と言い放つ。その後、繁華街を歩く2人。明乃の首には真っ赤な首輪が着けられたままで、首輪からは鎖が伸び、目黒が連れ歩く様子が見て取れる。すれ違う人々にジロジロ見られ噂される明乃は終始恥ずかしそうな表情を浮かべるが、そんな明乃から突然驚くべき以外な一言が!

<明乃役・行平あい佳コメント>
 ご主人様から、首輪をつけて頂くことは、ただ、支配と隷属を可視化する行為というわけではないと思っています。明乃にとってこのシーンは、身体を委ねる先を、これでもかというほど官能的に、そして刺激的に示される場面でした。そしてそれは、明乃の中にある、感情や欲望の波を何処に向けたらいいのか、教えてもらえたことでもあると思います。「私はこの人に、ついていけば良いのだ」と、身体も心も理解できた瞬間なのではないでしょうか。私自身が演じている最中、この首輪をつけられた時に感じたのは、先ず安心感でした。支配と隷属の関係性だけではなく、心の拠り所そのものが見えたように思います。首に付けられた鎖が、目黒さんの動きや思いを、直接身体に伝えました。大凡それはファッションではなく、気持ちの通った当然の行為だったように思います。

『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』本編特別映像‐支配編‐

『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』
9月29日(土)より2W限定公開
池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

出演:毎熊克哉 行平あい佳/百合沙 三浦誠己

『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』
10月13日(土)より2W限定公開
池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

出演:毎熊克哉 杉山未央
百合沙 行平あい佳/池田良 石田佳央 原田裕章/川合瑞恵 範田紗々 山根千芽 福山理子 榊英雄

原作:サタミシュウ
監督:城定秀夫
脚本:石川均 城定秀夫
制作:ステアウェイ
製作・配給:KADOKAWA

©KADOKAWA 2018

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える