• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

沢口靖子、名探偵になる!?『科捜研の女スペシャル』でシャーロック・ホームズ風に変身

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 沢口靖子が、10月14日(日)放送のテレビ朝日系『科捜研の女スペシャル』(後9・00)で名探偵シャーロック・ホームズ風に“変身”した。

 10月18日にスタートする『season18』((木)後8・00)に先駆けた2時間スペシャル。同シリーズでは沢口演じる京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員・榊マリコの“衝撃的なワンカット”が見どころの1つとなっており、今作ではホームズさながらの名探偵に扮した。沢口は「『科捜研の女~マリコ、“名探偵”になる』とサブタイトルを唱えながらチャレンジしてみました(笑)。ドラマのその後の展開を彷彿とさせる楽しいカットになっているかと思います。ぜひご期待ください!」とアピールしている。

 2時間スペシャルでは、マリコがホテルの謎解きイベントを舞台に殺人事件と誘拐事件の謎に挑む物語が展開。ゲストで宅間孝行、小堺一機のほか、映画「カメラを止めるな!」でヒロインを務めた秋山ゆずきも出演する。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真