• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

徳重聡が『下町ロケット』出演決定!「とても楽しい毎日」

©TBS

©TBS

 TBSの10月期日曜劇場枠で放送される、阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』の新シリーズに徳重聡が出演することが決定した。

 2015年の10月期に放送し好評を博した本作は、最終回の平均視聴率22.3%、2015年度放送のドラマで1位を記録(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)。さらに、「第2回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」作品賞や「東京ドラマアウォード2016」連続ドラマ部門優秀賞など、数々の賞を受賞する大ヒット作に。

 新シリーズには、主人公の佃航平を演じる阿部寛をはじめ、土屋太鳳、竹内涼真、安田顕、立川談春、吉川晃司、杉良太郎らが前作から引き続き出演。そして、今作から追加キャストとして出演する徳重は、佃製作所の孤高のエンジニア・軽部真樹男を演じる。

軽部は、佃製作所が新規事業として参入するトランスミッションのメーカーに勤めていた経歴があり、佃製作所の命運を左右する男。立花(竹内)、加納(朝倉あき)とともにトランスミッションの開発に心血を注ぐが、ぶっきらぼうでドライな性格であるが故にたびたび周囲と衝突。しかし、仕事への情熱は人一倍あり、ある思いを秘めているという役どころだ。

<徳重聡コメント>
大変多くの方々から愛されている『下町ロケット』の佃製作所の一員になることができ、本当にうれしく思っております。私の演じる軽部真樹男は、人と接するのが少し苦手な実力派の中堅エンジニア。撮影現場のピリピリとした緊張感は凄まじいものですが、とても楽しい毎日です。熱いメンバーの中で、ひとり冷めている軽部ですが、私自身はとても熱い思いで演じております!

日曜劇場『下町ロケット』
TBS系
10月スタート
毎週日曜 後9・00~9・54

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える