• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

北川景子、ウエディングドレス姿に!“夫”えなりかずきデレデレ「写真は家宝にしてあります」

指定弁護士

 北川景子がテレビ朝日系の主演ドラマスペシャル『指定弁護士』(9月23日(日)後9・00)でえなりかずきと初共演し、夫婦役を演じる。

 検察が不起訴にした容疑者を市民による検察審査会が2回続けて「起訴すべき」と判断した際に検察官役として指定される“指定弁護士”を題材にしたリーガルドラマ。北川演じる京都の弁護士・一ツ木唯が指定弁護士となり、検察官の橘慎二(北村一輝)とバディを組んで事件の真相究明に挑みながら、自らの道をつかんでいく姿を描く。えなりは、唯の夫の隆司役。唯と同じ弁護士事務所で働くパラリーガル(法律事務アシスタント)で、公私共に妻を支える役どころだ。

 北川は、えなりが出演するドラマ『渡る世間は鬼ばかり』を小さいころから見ていたと言い、「国民的俳優さんなのでなかなかお会いできる機会もないだろうなと思っていたのですが、今回このような機会をいただけて」と感激。「最初にスタッフの方から『夫役の方がえなりさんで決まるかもしれない』とお聞きしたときには『絶対なんとか調整してください! えなりさんでお願いします!』と言ってしまいました(笑)」と自ら熱望したことを明かし、念願かなって「とても光栄ですし、撮影がすごく楽しみでした」と喜んだ。

 えなりも「とにかくテンションが上がりました!」と北川との夫婦役にデレデレ。撮影前日には北川の夫・DAIGOと会って「旦那役やらせていただきます」としっかりあいさつも済ませだそうで、「心おきなく撮影に入れました(笑)」と。ウエディングドレスを着た北川との結婚式写真の撮影を「とにかく楽しかった」と振り返り、「肉眼で見る北川さんのドレス姿は後光が射しているようでまぶしかった(笑)。その写真は家宝にしております!」と語った。

<北川景子 コメント>
――えなりさんと夫婦役だとお聞きした際のご感想は?
 すごくうれしかったです! えなりさんが出演されていた『渡る世間は鬼ばかり』を小さい頃から見ていて、特にえなりさん演じる眞はほぼ同じ年だったので勝手に一緒に育ってきたような感覚があって。国民的俳優さんなのでなかなかお会いできる機会もないだろうなと思っていたのですが、今回このような機会をいただけて。最初にスタッフの方から「夫役の方がえなりさんで決まるかもしれない」とお聞きしたときには「絶対なんとか調整してください! えなりさんでお願いします!」と言ってしまいました(笑)。とても光栄ですし、撮影がすごく楽しみでした。

――実際に共演されてみていかがでしたか?
 最初は「ずっと見てきたえなりさんが目の前にいる」と不思議な感じもしましたが、演技に入ると、まさに“大ベテラン”という感じでした。すごく役のことを考えてきていらっしゃる上に、いざ家の中に入ってみたら「こういうふうにも動いてみようかな」という柔軟さも持ち合わせていらっしゃっていて、プロだなと思いました。夫婦シーンにかんしては、ほとんどえなりさんが引っ張ってくださった気がします。えなりさん演じる隆司が作ってくれる空気の中にいることで唯が唯らしく動けたと言いますか。お互いのお芝居の呼吸でいい夫婦像を描けたのではないかと思います。ただとても謙虚な方だったので、お互いに「いやいや」「いえいえ」と、“どっちのお辞儀が深いか!?”という感じにもなっていましたが(笑)。裁判などの真剣なシーンが続く中で、えなりさんとの家のシーンは少し息抜きというか、ホッとできるものになっているんじゃないかなと思います。

――あらためて本作の見どころを教えてください。
初めて弁護士役に挑戦させていただいた中で、大変だったけど自信があるものになったのが裁判シーンです。そこをぜひ見ていただきたいですし、あと北村(一輝)さんとのバディ感も、真剣な中にもクスッと笑える部分があるので、ぜひ注目して見ていただきたいなと思います。

<えなりかずき コメント>
――北川景子さんと夫婦役だとお聞きした際のご感想は?
 とにかくテンションが上がりました! 撮影開始前日にDAIGOさんにお会いして「旦那役させていただきます」とごあいさつもして、心おきなく撮影に入れました(笑)。

――実際に共演されてみていかがでしたか?
役柄だけではなく、ご本人も頭脳明晰でカッコよかったです。監督の意向に添いながらオリジナルの表現を入れていく工夫など、とても勉強させていただいたと思ってます。本当に素敵な女優さんで、ファンになりました! 夫婦シーンのほとんどは裁判に巻き込まれていく中で生まれていく夫婦の溝を描いているのですが、とにかく楽しかったのが、劇中に出てくる結婚式設定の写真撮影。日本国民は北川さんのウェディングドレス姿を一度テレビ中継などで見ているわけですが、肉眼で見る北川さんのドレス姿は後光が射しているようで眩しかった(笑)。その写真は家宝にしております!

――あらためて本作の見どころを教えてください。
裁判で北川さん演じる唯が指定弁護士として被告を追い詰めるシーンは圧巻で、現場では自然と拍手が起こりました。全体的にも展開の早い内容になっているので、一瞬たりとも目が離せなくなっています。現場の熱気もお茶の間に伝わるはずなので、ストーリーと現場の盛り上がりをぜひ我々と一緒に目撃していただきたいです。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える