• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

福士蒼汰の英語力をパトリック・ハーランが大絶賛

 4月19日(土)公開の劇場版「名探偵コナン 異次元の狙撃手」の公開アフレコが都内で行われ、今回長編アニメで声優初挑戦の福士蒼汰、芸人のパックンことパトリック・ハーランが登場した。

 今年20周年を迎える「名探偵コナン」と同い年で20歳の福士は、「声優という仕事をいつかしたいと思っていました。僕も(「名探偵コナン」と同じ)20歳なので、そういうつながりがあったことと、今回、英語のセリフもあって、僕がすごい英語が好きなので、やりたいと思いました」と語った。今回は劇場版コナンとしては初めて英語を話すゲストキャラクターということで、アフレコに入る前に英語で「とても緊張していますが、スナイパーの映画ということで一発やってやるぞ!」と意気込みを語った。

 


  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える