• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

不完全な良心回路を持ったヒーロー再び!

『人造人間キカイダー』のメモリアルDVDとBlu-ray BOX発売を記念して、主人公・ジロー(キカイダー)役の伴大介、ハンペンこと服部半平役のうえだ峻、吉川進プロデューサーによる合同取材が行われた。

『人造人間キカイダー』は、不完全な良心回路を持つ苦悩のヒーローを主人公に、1972年~1973年に放送された特撮ドラマで、同じ石ノ森章太郎原作の『仮面ライダー』とはまた一味違った奇抜なデザインと、哀愁を帯びたストーリーで多くの支持を獲得した。4月11日(金)に発売されるDVD「人造人間キカイダーメモリアル」のコメンタリー収録では、伴大介、うえだ峻、吉川進Pが当時の映像を観ながら数々の懐かしいエピソードを語った。

 その後のインタビューで吉川進Pは「『人造人間キカイダー』は、私としては初めての子供番組でした。先行していた『仮面ライダー』を凌駕する作品にしようと、意図的に対比して作ったのを覚えています」と当時を振り返り、「伴大介さんはアクションスターというイメージではなくて、正義感が強いけれど清潔で優しくて繊細なところがあり、私のイメージするキカイダーのキャラクターにぴったりだったのでお願いしました。いっぽうのうえだ峻さんは、東映東京撮影所の誇る渡辺祐介監督に『面白い役者がいるから』と紹介されたんです。うえださんが演じる服部半平という役どころは、単なる三枚目ではなく話の本筋に食い込んでくる。台本ではそんなにウエイトはなかったはずだけど、うえださんの存在感が現場で大きなウエイトを作っていったんでしょうね」と語った。

 キカイダー・ジロー役の伴大介は「『人造人間キカイダー』の見どころは、やっぱり後半のハカイダーが出てくるあたりからの畳み掛けるような展開ですね。長坂秀佳さんの台本もすばらしかったです。実は当時うちの母親がうえちゃん(うえだ峻)のファンでね。「『キカイダー』は面白い。ハンペンが面白い」って言ってましたよ(笑)。私は前から何度も言ってるんですが、うえちゃんは日本のチャップリンだと思ってますから」と秘話を。

 服部半平役のうえだ峻は、「大井競馬場が舞台だった第6話で、畠山(豊彦)監督が「峻ちゃん、申し訳ないけど、ゆっくりでいいからノンストップで大井競馬場を一周してくれないかな」って言ってね。4月後半の暑い時で、足元は砂場だし、もう汗だくで大変でしたよ(笑)。一番記憶に残っています」とエピソードを明かし、「変装で一番思い出に残っているのは、女装したことですね。なにしろ多かったですからね、女装シーンが(笑)。伴ちゃんの衣装はジーパンだけだから、衣装さんが遊べるパートが僕だったんでしょうね。だから僕に集中して、いろいろ遊ばれましたね」と懐かしそう。

 また 入江甚儀主演で新作映画『キカイダー REBOOT』が製作中であることについて伴大介は「40数年ぶりに復活したということに感謝しています。『キカイダー』という作品は根底がしっかりしているから、掘り起こされたんだと思いますね。今度の作品について言えるのは、家族で観られる作品ということ。おじいさんおばあさん、お父さんお母さん、子供たちまで、みんなで揃って観てもらえる作品だと思います」と、うえだ峻は「復活してうれしいですね。私は出演していないので、家内と一緒に劇場へ見に行きます」と期待を寄せた。

 さらに、うえだから「そういえば、パチンコのキカイダーをやって大当たりしたことがあるんですよ(笑)。もうキカイダー様様です」と余談まで飛び出すなど、ときに互いにツッコミを入れ合う終始和やかな会見となった。

「人造人間キカイダー Blu-ray BOX」vo.1(2万4000円+税)は5月9日(金)、vo.2(3万2500円+税)は7月11日(金)に発売。vol.1には「劇場版『飛び出す人造人間キカイダー』」と題した3D映像なども収録したボーナスディスクも付属予定。

 全43話を70分に再構成し、主演の伴大介がナレーションを務める物語ダイジェスト(上記3名によるオーディオコメンタリー特典付き)、名場面、キャラクター紹介などを収録した「人造人間キカイダーメモリアル」は4月11日(金)に発売(5800円+税)。

 また、入江甚儀主演の新作映画『キカイダー REBOOT』は2014年5月24日(土)公開予定。

Blu-ray BOX vo.1<収録話>
・disc1
第1話「恐怖のグレイサイキングは地獄の使者」
第2話「怪奇グリーンマンティスは殺人鬼」
第3話「呪いオレンジアントの死の挑戦」
第4話「悪魔のブルーバッファローが罠をはる」
第5話「イエロージャガーの魔の手が迫る」
第6話「ブラックホースが死刑場でまつ」
・disc2
第7話「怪物ブルスコングが大暴れ」
第8話「カーマインスパイダーが無気味に笑う」
第9話「断末魔! 妖鳥レッドコンドル」
第10話「サソリブラウン 人間爆発に狂う」
第11話「ゴールドウルフが地獄に吠える」
第12話「残酷魔女シルバーキャット」
・disc3
第13話「ピンクタイガーの遊園地襲撃」
第14話「大魔神ギンガメが三怪物を呼ぶ」
第15話「キンイロコウモリ呪いの陰」
第16話「女ベニクラゲが三途の川へ招く」
第17話「アカクマバチ恐怖の人質計画」
第18話「クロカメレオン幻の大強奪作戦」
・ボーナスディスク

Blu-ray BOX vo.2<収録話>
・disc4
第19話「死神獣カブトガニエンジ参上!」
第20話「冷酷アオタガメのドクロ計画!!」
第21話「残虐!ムラサキネズミの毒牙」
第22話「シロノコギリザメ悪夢の12時間」
第23話「キイロアリジゴク三兄弟見参!」
第24話「魔性の女??モモイロアルマジロ」
・disc5
第25話「ダイダイカタツムリ殺しの口笛」
第26話「ミドリマンモス地球冷凍作戦!!」
第27話「バイオレットサザエの悪魔の恋」
第28話「赤子を泣かすアカオニオコゼ!」
第29話「カイメングリーンは三度甦える」
第30話「アカネイカ美人女子大生を狙う」
・disc6
第31話「ジローの死を呼ぶタコヤマブキ」
第32話「アオデンキウナギ魔の腕が光る」
第33話「兇悪キメンガニレッド呪いの掟」
第34話「子連れ怪物ブラックハリモグラ」
第35話「ジローデンジエンドの最期!」
第36話「狂ったジローが光明寺をおそう」
・disc7
第37話「ジローの弟 強敵ハカイダー!」
第38話「ハカイダーがジローを殺す!」
第39話「父の仇ジロー全国指名手配」
第40話「危しジロー!機能完全停止!!」
第41話「壮絶ジロー空中分解!」
第42話「変身不能!?ハカイダー大反逆!」
第43話「ジローの最期かダーク全滅か!?」

【キャスト】
伴大介、伊豆肇、水の江じゅん、神谷政浩、植田峻、安藤三男
ナレーター:岡部政明

【スタッフ】
原作:石ノ森章太郎
脚本:伊上勝、長坂秀佳、押川国秋、島津昇弌、渡辺亮徳、島田真之、春日憲政、多村映美
監督:北村秀敏、畠山豊彦、永野靖忠
音楽:渡辺岳夫

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真