• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『じゅん散歩』初の海外ロケ!高田純次がノルウェーでムンクの「叫び」と対面

『じゅん散歩』 高田純次が出演するテレビ朝日の『じゅん散歩』((月)~(金)前9・55)で、番組4年目にして初の海外散歩がノルウェー・オスロで行われた。『じゅん散歩 秋の芸術祭 絶叫&感動!純ちゃん×ムンク ノルウェー紀行』と題し、10月31日(水)~11月2日(金)に放送される。

 デザイン系の専門学校卒の高田は宝石デザイナーとして働いていた経験もあり、大のアート好き。以前に東京・南麻布周辺を散歩した際には、ノルウェー大使館の外壁に描かれたムンクの「叫び」の背景の前で頬に手を当てるポーズを再現し、記念撮影を楽しんだ。

 そんな“縁”もあり、高田が番組初の海外ロケ先に選んだのがオスロ。まずはオスロ市立ムンク美術館を訪れ、正真正銘の「叫び」(テンペラ・油彩画)と対面。ムンクゆかりの地もめぐり、名画に隠されたドラマをたどる。

 さらに、ノーベル平和賞の授賞式が行われる市庁舎や、斬新な建築で知られるオペラハウスも散策。道中ではノルウェー国立バレエ団でプリンシパルを務める西野麻衣子さんと遭遇し、感激するひと幕も。

 人生初の北欧旅となった高田は「オスロはシックで美しく、歴史を感じさせる街でした。グレーの壁に美しいブルーの窓枠があったり…と、雰囲気を感じさせる色使いもさすがでしたね」と感動しつつも、「ただ、夜11時を過ぎると街にほとんど人がいなくなるんだよね。もう少し遅くまで店が開いていて、物価が日本の半分で、若くてきれいな女の子といっぱい出会えるなら、言うことない街ですね(笑)」と“高田節”。

 それでも「この旅で一番よかったのは『叫び』のホンモノが見られたってことだね。だって、美術本で見ていたものを目の当たりにできたわけだからね」と大満足の様子で、視聴者へ向けて「日本の散歩では、街で出会った高齢者の皆さんと触れ合いトークを楽しんでいるけど、とにかくオスロは街がすてき。建物の雰囲気を味わって、アートな気分に浸ってほしいですね!」と呼びかけている。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える