• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

向井理主演『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』予告映像解禁

『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』 11月11日(日)スタートの『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』(WOWOWプライム)から予告映像が解禁された。

 本作は、革命的な発明により“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描く社会派ドラマシリーズの最新作。今回のテーマは“AI”。医学界を根底から覆す画期的な医療用AIを開発する主人公を演じるのは向井理。AI診断を導入したIT企業、ノックスグループ代表の蒲生俊平役に渡部篤郎、医師会会長の有薗直子役に黒木瞳、看護師の橋詰奈美役に美村里江、弁護士の東浩一郎役に三浦貴大、「パンドラ」シリーズⅠ~IIIに登場する毎朝新聞・記者の太刀川春夫役を再び山本耕史が演じ、メディノックス医療センターの優秀な心臓外科医・上野智津夫役を原田泰造が演じる。脚本は、「パンドラ」シリーズを生み出してきた井上由美子。

 予告映像の冒頭で「私は医師です。苦しんでいる患者を救うためにミカエルを開発しました」と語る鈴木(向井理)。たくさんの患者を救いたいという純粋な想いから、画期的なAI診断システムを開発するが、その想いをよそに、医療界の改革を試みる蒲生(渡部篤郎)、AI診断の導入に反対する有薗(黒木瞳)、鈴木に惹かれる奈美(美村里江)、AI医療の訴訟を支援する弁護士の東(三浦貴大)、AIの功罪を追及する記者の太刀川(山本耕史)、鈴木を目の敵にする上野(原田泰造)、それぞれの思惑が交錯していく。

『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』
WOWOWプライム
11月11日(日)スタート
毎週日曜 後10時~
全6話 第1話無料放送

<ストーリー>
IT企業が経営するメディノックス医療センターでは、医学者の鈴木哲郎(向井理)が開発したAIによる患者の診断が行われていた。人間の医師が行うよりも短時間で正確に、しかも無料で行うAI診断は世間で評判を呼ぶ。AI診断を導入したIT企業代表の蒲生俊平(渡部篤郎)は、海外に後れを取らないためにも医療のAI化を進めていくべきだと主張。しかし、医師会会長の有薗直子(黒木瞳)は「時期尚早」と難色を示し、さらに優秀な外科医の上野智津夫(原田泰造)もAIに診断された患者の手術に当たることを不快に思っていた。
そんな中、AI診断に基づいて上野が手術した患者が、術後に容体が急変して亡くなってしまう。上野はAIが余計な診断をしたせいだと言い放ち、鈴木は上野の判断が間違っていたせいだと反論する。一方、記者の太刀川春夫(山本耕史)は、AIで診断した患者が死亡したという情報をつかみ、独自の調査を始めていた。

脚本:井上由美子(「パンドラ」シリーズ、「白い巨塔」、『昼顔(2017)』)
監督:河毛俊作(「パンドラ」シリーズ)、村上正典(「連続ドラマW 真犯人」)
音楽:佐藤直紀(「パンドラ」シリーズ、『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』)

出演:向井理 黒木瞳 美村里江 三浦貴大 山本耕史 原田泰造 渡部篤郎 ほか

特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/pandora4/

<関連情報>
WOWOWメンバーズオンデマンドで「パンドラ」シリーズ3作品配信中
「パンドラ」(全8話)
「パンドラII 飢餓列島」(全7話)
「パンドラIII 革命前夜」(全8話)

<関連特集>
『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』放送記念
向井理主演作「連続ドラマW アキラとあきら」(全9話)
11月13日(火)午後3時より放送&WOWOWメンバーズオンデマンドで配信中

©2018 WOWOW INC.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える