• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

BMXの若きエース・中村輪夢らが本音を明かす『戦え!スポーツ内閣』10・17放送

©MBS

©MBS

 10月17日(水)放送の『戦え!スポーツ内閣』(MBS)に、BMXフリースタイル・パークの“若きエース”中村輪夢選手らが登場。MCの武井壮と小杉竜一(ブラックマヨネーズ)も驚く、迫力ある技の数々を披露する。

 2020年東京五輪で新採用される「BMXフリースタイル・パーク」は、制限時間内に“セクション”と呼ばれるジャンプ台を使って技を披露し、高さ・難度・完成度を競う採点競技。昨年の第1回全日本BMXフリースタイル・パーク選手権で優勝した中村輪夢選手は16歳ながら、東京五輪にもっとも近い選手として注目を集めている。

 武井が「空中でハンドルから手を離したり、自転車の車体をブルンブルン回したり。怖くないの?」と聞くと、選手全員が「怖いです…」とポツリ。しかし、中村選手は「“(この技を)決めたらかっこええやろな”と思って」と恐怖心と戦いながら大技を決めていると本音を明かす。

 さらに、スタジオでは中村選手と同じ16歳で全日本強化指定選手に選ばれている大霜優馬選や、上田崇人選手も次々と技を披露する。

『戦え!スポーツ内閣 東京オリンピック新種目BMX スゲー!カッケー!マジ若すぎスペシャル』(MBS)は、10月17日(水)放送。

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真