• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ピース綾部祐二が世界デビュー!森星とNetflix『ファイナル・テーブル』に出演

Netflixオリジナルシリーズ『ファイナル・テーブル』 11月20日(火)から世界190か国で独占配信されるNetflixオリジナルシリーズ『ファイナル・テーブル』に、綾部祐二、森星が出演していることが明らかになった。

 この番組は、15か国から集まった料理人24名がペアを組み、9名からなる食のエリート集団“ファイナル・テーブル”の最後の一席を目指して競い合うグローバルな料理バトルショー。さまざまな国から国際色豊かなシェフたちが出場し、メキシコ、スペイン、ブラジル、日本、インドなど、出題される国を代表する料理・食材をテーマにその腕を競い合う。

 毎回、テーマとなる国の著名人、美食家、料理評論家、そしてミシュランレストランシェフを含む各国屈指の料理人が、審査するスペシャルアンバサダーとして登場。そして、日本の回のスペシャルアンバサダーとして、米国進出のため昨年からNYに活動拠点を移した綾部祐二(ピース)、モデルとして国内外でも活躍中の森星、そして料理評論家の片山晶子が出演していることが解禁された。

 渡米後初の大きな仕事だったという綾部は「何で英語も話せない自分が…」とビッグオファーに戸惑いつつも、一人ずつに与えられる専用のトレーラー(控え室)、豪華すぎる楽屋には「ラグジュアリー過ぎるだろう!」と興奮を隠せない様子を見せた。

 そして本番では、ラーメンを食べるジェスチャーで笑わせたり、話が弾んだシェフとエールを送り合うなどして観客から拍手喝采を浴びるなど、コメディアンとしての存在感を発揮した。

 そんな綾部の姿を見た森は「日本のテレビ番組収録の綾部さんと変わらないユーモアを出していました。言語のバリアをうまくジョークに変えていたところに綾部さんのコメディアン魂を感じました」と称賛。森は、トークや試食でのレポートは全て英語で伝えており、MCやシェフたちもその言葉に納得の表情。またそのファッションや立ち姿に「かわいい!」という声があちこちから飛びかった。

 番組は世界190か国に配信され、まさに世界デビューとなった綾部は「今回は、料理番組の審査員という形だったので、僕自身が何かネタとかをしたわけではないですが、アメリカの番組に出ている以上、世界デビューした事に変わりないので、最高でした」と喜びのコメント。

 自分の出演シーンの見どころについては、「とりあえず英語が一人だけしゃべれず、ノリだけでやっていますのでそれ以上の事はないです(笑)」と。

 森は「Netflixの食の番組は私も大好きだったので、実際にその場に立ち会えるチャンスがあるのはうれしかったし、ほかの国の人が自分の国の食をどう捉えてるのか知る事も楽しみにしてました」と語った。

 番組では、毎回料理のテーマがその場で説明されるため、対決に挑むシェフたちの中に、その料理そのものを知らないシェフも。そのため、料理がどう解釈されるのか、また知っているシェフたちもどうやってアレンジをしてくるのか、食材選びから緊張感あるバトルが展開される。

 綾部たちが出演する日本の回のテーマは「懐石料理」。日本料理のさまざまな技や要素が合わさった難易度の高いテーマだけあって、アンバサダーたちのコメントも見逃せないエピソード回になりそうだ。

 また、この回で行われる敗者復活戦には、ミシュランをとったレストラン「ナリサワ」の成澤由浩シェフが審査員として登場。ウニを使った料理で、敗者復活戦に挑むシェフたちをジャッジするなど、盛りだくさんの内容となっている。

<綾部祐二 コメント>
◆いよいよ世界デビューですが、オファーを受けた時の心境を教えてください

まさか渡米をして1か月でハリウッドで仕事ができるなんて、思ってもいなかったのですごくうれしかったです。

◆「世界デビュー」について、どういうお気持ちでいますか?

今回は料理番組の審査員という形だったので、僕自身が何かネタとかをしたわけではないですが、アメリカのテレビに出ている以上、世界デビューした事には変わりないので、最高でした。

◆全世界190か国で配信されます、世界デビューを心待ちにしていた日本のファンへコメントをお願いします。

日本でもたくさん料理番組はあると思いますが、いろいろな国の凄腕なシェフが日本食で対決しています。そして光栄な事に日本人の一人として、それを審査するという形で出演させていただいてますので、ぜひご覧ください。

◆撮影に参加していかがでしたか?英語も披露されているのでしょうか?

英語は渡米して1か月くらいでの撮影だったので、ほぼゼロです。

◆ご自身のここを観てほしい!などメッセージをお願いします

とりあえず英語が一人だけしゃべれず、ノリだけでやっていますのでそれ以上の事はないです(笑)

◆エンターテインメント本場のバラエティショーの収録はどうでしたか?日本と違うところは?

とにかくセットのスケールが違います、かかってる費用も半端じゃないと思います。ケータリングも豪華でした。
でもノリだけで同じことを何回も言う、「かぶせ」はごっそりカットされていたので、やはりノリだけでは乗りきれないところは日本のバラエティーと一緒でした。反省しています。

◆今回は料理番組でしたが、アメリカで次に出たい番組はどのようなジャンルですか?

とにかく本当に何でもいいから、出たいです。誰でもいいからスターと共演したいと思います。そしていつか自分もスターになる。これだけです。

<森星 コメント>
◆全世界190か国に配信されるということで、オファーを受けた時の心境を教えてください

Netflixの食の番組は私も大好きだったので、実際にその場に立ち会えるチャンスがあるのはうれしかったし、ほかの国の人が自分の国の食をどう捉えてるのか知る事も楽しみにしてました。

◆撮影に参加した感想をお願いします

私自身もライフスタイルにおいて食が自分のプライオリティになってきたこともあり、いろんな国に行くチャンスも増えてきた中で日本食の素晴らしさや独特な身体の喜ぶ食材や調理法をあらためて感謝するきっかけになりました。

◆海外のバラエティ番組の収録はいかがでしたか?日本の番組と違う所はありますか?

たくさんありました!日本のテレビ番組だと何となくストーリーはあるけれど、放送されるまでどういう描き方されるのが分からないのに対して、海外のバラエティは収録中に止めたり、繰り返したり、巻き戻したりしてたので緊張感は日本に比べてそこまでなかったです。

◆綾部さんとの共演はいかがでしたか?収録中の綾部さんはどんな様子でしたか?

日本のテレビ番組収録の綾部さんと変わらないユーモアを出していました。言語のバリアをうまくジョークに変えていたところに綾部さんのコメディアン魂を感じました。

◆モデルとしても海外でも活躍されていますが、今後海外のTV番組に出るとしたらどのようなジャンルの番組に出てみたいですか?

でも、やっぱり食べ物のドキュメンタリーだったり、世界中のライフスタイルにまつわる現実を学ぶ番組には興味あります。

◆配信されるにあたり、日本のファンへのコメントをお願いします

日本の食材をいろんな国のシェフがどうプレゼンテーションするかが見どころで、あらためて日本のご飯に感謝できると思うのでぜひチェックしてください!

Netflixオリジナルストーリー『ファイナル・テーブル』
11月20日(火)より、Netflixで世界190か国で独占配信
各約60分、全10話

URL:https://www.netflix.com/title/80201866

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える