• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

サポート総額約2000万円!世界挑戦の切符を懸けたバス釣りトーナメント AbemaTVで10・20スタート

『AbemaTV Presents World Challenge』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「釣りチャンネル」で、バスフィッシングのオリジナルトーナメント『AbemaTV Presents World Challenge』が10月20日(土)後9時からスタートする。

 『AbemaTV Presents World Challenge』は、バスフィッシングの本場アメリカで行われるプロトーナメント「B.A.S.S.バスマスターオープン」の出場サポート権利を懸けたオリジナルトーナメント。アングラーの“夢”を後押ししたいという想いから企画された番組で、AbemaTVと昭和電機グループがタッグを組み、優勝者には、2019年度の「B.A.S.S.バスマスターオープン」に出場するために必要なボートおよび車を、VEXUSボートの日本代理店である昭和電機株式会社がサポートし、渡航・滞在費ならびにエントリーフィーをAbemaTVが全面サポートする。

 大会のルールは、出場選手8名が4名1組となり「LEAGUE A」と「LEAGUE B」に分かれて対戦。各リーグは、2つのフィールドで4日間に渡りトーナメントを実施。各リーグを勝ち上がった上位2名ずつの合計4名が決勝リーグへと駒を進め、優勝者を決定する。

 初回となる10月20日は「LEAGUE A」の1ラウンド1日目を放送。出場者は、国内タイトルホルダーをはじめ、全国のバスアングラーが選ぶバスプロの北大祐選手、草深幸範選手、片岡壮士選手の3選手に加え、メーカー推薦枠として、一般公募より勝ち残った内山幸也選手(グローブライド)が参戦する。関東の人気フィールド「霞ヶ浦水系」を舞台に“夢”を追うアングラーたちの挑戦が始まる。

AbemaTV『AbemaTV Presents World Challenge』
初回放送日:10月20日(土)後9時~11時
放送チャンネル:釣りチャンネル
特別協力:昭和電機株式会社

放送URL:https://abema.tv/channels/fishing/slots/EEd8vihJFwXLB1

「AbemaTV Presents World Challenge」大会概要
出場選手数:8名(4名1組で2つのリーグに分かれて対戦)
開催地:日本全国の湖、河川を予定
試合数:6試合
順位決定方式:単日のポイント制(1位:4P/2位:3P/3位:2P/4位:1P)

「LEAGUE A」出場選手
1. 北大祐(Basser ALLSTAR CLASSIC 2017チャンピオン)
2. 草深幸範(W.B.S.2017年アングラーオブザイヤー)
3. 片岡壮士(バスオブジャパン2016年アングラーオブザイヤー)
4. 内山幸也(World Challengeファン投票1位)

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える