• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

サラリーマン山崎シゲル「フフッ 部長、2段目はおかずですよ」ついに書籍化

(C)HIKARU TANAKA

 お笑い芸人・田中光がブログやtwitterで発表し、フジテレビ『人狼~嘘つきは誰だ?~』のTVCMでのコラボなどで密かに話題を集め始めているシュール系一コママンガ「サラリーマン山崎シゲル」の書籍化がついに実現する。

 田中光は、京都精華大学芸術学部版画学科を中退し、お笑いの世界へ飛び込んできた芸人で、幼なじみとゼミナールキッチンというコンビを結成し、大阪よしもとで10年活動。その後、活動の場を東京に移し、アボカドランドリというトリオを結成、現在はピン芸人として活動中。

「サラリーマン山崎シゲル」は、とある会社の、とあるサラリーマン山崎シゲルが、部長を相手に繰り広げる異常な日常をシュールな一コマで描く“とてつもなくくだらない”“読めば必ず人に薦めたくなる”病みつき系一コママンガ。食パンに乗って通勤、部長を跳び箱のように飛び越える、部長にサイドカーを取りつける、疲れた部長に缶コーヒーではなくサバ缶を差し入れる、キャッチャーを拾ってくる、2塁ランナーを拾ってくるなどの無茶苦茶な言動と、対峙する部長の静かなツッコミによるシュールな世界観が人気。

 単行本「サラリーマン山崎シゲル」は、これまで発表されたものに加え、新作や、おまけページなど、ニヤニヤ笑える一コママンガを一挙収録して、2014年6月4日(水)にポニーキャニオンから発売(A5判174P、1200円+税)。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える