• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

平野紫耀「皆さんがKing & Princeです」中高生600人とダンス!

映画「ういらぶ。」 映画「ういらぶ。」が都内の学校で「“初恋の日”特別課外授業」と題したサプライズイベントを開催し、平野紫耀(King & Prince)、桜井日奈子、佐藤祐市監督が登場した。

 LINE漫画の少女部門で月間1位を記録した星森ゆきもの人気漫画が原作の映画「ういらぶ。」。ドSなふりをした“こじらせ男子”の凜(平野)と超ネガティブだが実は芯が強く凜の“彼女(仮)”として奮闘する優羽(桜井)、2人と幼なじみの暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)、そんな4人の前に現れる実花(桜田ひより)と和真(伊藤健太郎)兄妹。6人の男女が織り成す初々しい恋と友情を描く青春ストーリー。

 マントとカボチャのお面をした平野と桜井がサプライズで登場すると、約600人の生徒たちからは大歓声があがり、「皆さん元気ですね!今日は短い時間ですが、楽しい時間になったらいいなと思います」(平野)、「皆さんがとてもウェルカムな感じが伝わってきました。明日はハロウィンと言うことで、皆さんと楽しんでいきたいと思います」とそれぞれ笑顔であいさつした。

 10月30日が“初恋の日”ということにちなみ、イベントでは「“初恋の日”特別課外授業」を開催。1限目は、英語の授業として、本作のキャッチコピーでもある“大好きすぎて、「好き」って言えない”を学校のネイティブの先生が英語でレクチャー。平野は“I love you too much to say I love you”(英訳)と言うと、投げキッスを連発した。

そして、2限目となる体育の授業では、本作の主題歌であるKing & Princeの「High On Love!」の振り付けを平野がレクチャー。平野が生歌と生ダンスでお手本を披露し、「音楽スタート!」の掛け声で、キャスト・監督、生徒たちと一緒にダンス。息ピッタリのダンスに平野も「完璧です。もう皆さんがKing & Princeです!すみません、冗談です(笑)。でも本当に完璧でした」と太鼓判を押した。

 最後の3限目は、国語の授業で、平野と桜井がそれぞれ考えてきた「初恋の句」を披露。桜井の“大事件 今日で2回 目があった”というかわいらしい一句には「かわいい!」との声があがった。桜井は「中学生の頃、クラスの男の子をちらちら見ていて…という(笑)。皆さんもきっとありますよね。これは共感していただける句なんじゃないかな」と解説。いっぽう、平野は“目の中に ハートができた 四歳児”という句を詠み、「幼稚園の先生。かなり年上の先生だったのですが、四歳児ながら包容力にやられてしまいました」と初恋エピソードを語った。

 また、平野はKing & Princeメンバーである岩橋玄樹が休養することついて、「本当に突然のことで、ファンの皆さまや関係者の皆さまにご心配とご迷惑をお掛けしたことを本当に申し訳なく思っています」と一礼。「でも、彼は“絶対に戻ってくる”と言ってくれたので、しばらくの間は5人での活動になりますが、彼の病気のことを理解しつつ、彼が戻ってきやすい環境、すぐに戻ってこられる場を保ってあげたいと思っています。なので、これからもKing & Prince、彼が戻ってくることも応援してくださるとうれしいです」と話し、生徒たちからは温かい拍手が送られた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える