• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“トリバゴ美女”ナタリー・エモンズが人生初の制服姿に!『じょんのび日本遺産』11・11放送

©TBS

©TBS

 11月11日(日)放送の『じょんのび日本遺産』(TBS)で、ナタリー・エモンズが人生初の制服姿を披露する。

『じょんのび日本遺産』は、文化庁が認定した日本遺産をのんびりと巡る旅番組。今回の旅先は、岡山県・倉敷。400年前まで海に浮かぶ島々だった倉敷は、江戸時代に始まった干拓により陸地となり、塩分に強い綿やイ草などが栽培されるように。それらを原料として繊維産業が花開き、倉敷は「日本一の繊維のまち」へと成長。伝統的な商家群と近代化を象徴する洋風建築が調和する美しい町並みは、現在も多くの人々を魅了している。

 そんな倉敷を訪れたナタリーは、世界的にも認められているジーンズや帆布の工房、北前船の寄港地など「繊維のまち」ならではのスポットへ。さらに、大正から昭和初期にかけて、学生服の生産量日本一だったという倉敷の児島へも足を伸ばし、「児島学生服資料館」を訪れる。

「児島学生服資料館」には、各学生服メーカーのホーロー看板や、のぼりなどの展示を見ることができるほか、学生服やセーラー服などを試着できるコーナーがあり、ナタリーは「これ、かっこいいですね。アメリカにはないと思います。みんなブレザータイプなので」と、詰襟の学生服に興味津々。好きな制服を聞かれると「わぁ、何がいいかな。セーラー服、やっぱりカワイイですね!」「(女性ブレザー用の)リボンもカワイイ!」「チェック柄のスカートもカワイイですね」と“カワイイ”を連発し、「(日本の学生が)うらやましいです!私が学生の時は普通の服だったので」と目を輝かせた。

 そして迷った末、襟元にリボンをつけるブレザータイプの制服を選んだナタリーは、早速試着。「背筋が伸びる感じがします。(鏡で制服姿の自分を見て)頭がよくなったみたい(笑)。勉強したい気持ちにもなりますね」と倉敷の歴史と文化を存分に堪能した。

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える