• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

バッファロー吾郎Aが『中学聖日記』で友近と夫婦役「楽屋のミニコントみたい」

『中学聖日記』 有村架純主演ドラマ『中学聖日記』(TBS系)の第6話(11月13日(火)放送)に、バッファロー吾郎Aがゲスト出演することが決定した。

 かわかみじゅんこによる同名漫画を有村主演でドラマ化する本作。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田健史)に心惹かれていく女教師・末永聖(有村)の“禁断の恋”を描くヒューマンラブストーリー。

 聖を公私ともに温かく支える先輩教師・丹羽千鶴(友近)の夫・佳朗役で登場するバッファロー吾郎Aは、友近が主催する歌謡コンサート「水谷千重子キーポンシャイニング歌謡祭」に“千重子ファミリー”の八公太郎として出演するほか、音楽番組では仲むつまじくデュエットを披露。本当の夫婦のような、2人の息ぴったりなコンビネーションが本作でどんな芝居に見せるのか注目だ。

 さらに、聖が晶の前から消えて3年後のストーリーが描かれる第6話からは、聖の新たな職場の同僚・野上一樹役として渡辺大が、聖が担任している生徒の母親・橘美和役として村川絵梨が新キャストとして登場する。

<バッファロー吾郎Aコメント>
ライブの打ち上げで友近に「ええなぁ、有村架純ちゃんと共演できて」とうらやましがっていたらまさかの出演オファーにビックリ! しかも友近のバーター(抱き合わせ出演)ではないことに2度ビックリ! なので、しっかり役作りをして、せりふもちゃんと覚えて撮影に臨んだのですが、相手が相手だけに楽屋のミニコントみたいになってしまいました。でも出演者とスタッフの皆さんが良い方たちばかりで本当に助かりました。第6話は、また世界観が変わる大事な回ですが、私のような芸人がそういうときに出演することで、良い箸休めになればと思います。おいしい料理をよりおいしく食べるために箸休めは必要やと思うので。

<第6話あらすじ>
3年後―2018年。晶(岡田健史)の前から姿を消した聖(有村架純)は、勝太郎(町田啓太)とも別れ、千鶴(友近)と同じ小学校で教師を続けていた。穏やかな日々を過ごしていた聖だったが、同僚の野上(渡辺大)と訪れた雑貨市で晶の姿を見かけてしまう。晶は愛子(夏川結衣)の元を離れ、上布(マキタスポーツ)の実家に下宿していた。過去の記憶がよみがえり動揺する聖。
いっぽう、勝太郎は東京本社で過去を吹っ切るようにバリバリと働いていた。だが、そこへ原口(吉田羊)が新しい部長として東京へ戻ってきて・・・。そんな中、担当する生徒・彩乃(石田凛音)の遠足費の支払いが滞っていることを知った聖は、母・美和(村川絵梨)の元を訪ねるが…。

火曜ドラマ『中学聖日記』
TBS系
毎週火曜 後10・00~11・07

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える