• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

顔面移植手術を受けた女性とその家族に密着『密着!ある少女の顔面移植手術』11・26日本初放送

ナショナル ジオグラフィック ドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナル ジオグラフィック」で、『密着!ある少女の顔面移植手術』が11月26日(月)午後10時より日本初放送される。

 この番組は、米国史上最年少で顔面移植手術を受けた女性ケイティ・スタブルフィールドと、その家族に密着したドキュメンタリー。

 2017年に手術が行われた時、ケイティは21歳で、彼女が顔面移植手術を受けることになったきっかけは自殺未遂だった。 2014年3月、当時18歳だったケイティは、ボーイフレンドから別れを切り出されたことにショックを受け、狩猟用の銃を顎に当てて引き金を引き、自殺を図る。すぐに病院に運ばれ一命は取り留めたが、銃弾によるダメージでケイティは顔の大部分を損傷。その後、顔面移植候補者に選ばれたケイティは、2017年5月に米国史上最年少の患者として、30時間以上に渡る顔面移植手術を受けた。

 番組ではケイティとその家族に密着し、治療とリハビリに励みながら適切なドナーが現れるのを待つ過程や、ドクターによる診察の様子、そして顔面移植手術の模様を紹介。また、担当ドクターのインタビューでは、ケイティの容態や顔面移植手術の手順などが語られる。

 手術が成功した後も、神経の回復や組織の安定に長い期間が必要とされ、免疫抑制剤を飲み続ける厳しい療養生活が続く。番組では、両親に支えられながらの療養生活や、ケイティに顔を提供したドナーの家族と交流する場面も紹介される。

 自殺願望のある人に踏みとどまってほしいとの想いから、今回の取材に応じたというケイティと両親のインタビューでは、生きていることや移植手術に感謝する心境、新しい人生を歩むことへの前向きな言葉が語られる。

『密着!ある少女の顔面移植手術』
ナショナル ジオグラフィック
11月26日(月)午後10時~日本初放送 ほか

番組公式ページ:https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2532
※都合により変更になる場合があります

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真