• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『ボクらの時代』森尾由美、松本明子、布川敏和が“80年代アイドル同窓会”

『ボクらの時代』 11月18日(日)放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、今年歌手デビュー35周年を迎える森尾由美、松本明子、“シブがき隊”として歌手デビューは1年先輩に当たる布川敏和の3人が出演する。

 アイドル黄金時代の1980年代。中森明菜、小泉今日子、早見優、堀ちえみなど、その後長年にわたりトップアイドルとして君臨し続けた“花の82年組”がデビューした1982年。

 一方その翌年、森尾、松本ら1983年デビューのアイドルたちは、当時“不作の83年組”などと呼ばれていた。そのせいか、いまだに連帯意識が強く、“同期”としてプライベートでも顔を合わせる機会が多々あるという。

 そして、その場での話がきっかけとなり、ついに今年、森尾、松本に、5人の同期“元アイドル”を加えた計7人で、「デビュー35周年イベント」を開催することになったという。

“83年組代表”のひとりとして精力的に活動する森尾の声がけがあって実現した今回のスペシャルトークでは、旧知の仲の3人だからこその思い出話や本音トークが飛び出す。

 少しはにかみながら「どーもどーも」と2人に握手を求める布川に「なんか大御所だねぇ(笑)」と森尾がツッコむところから始まった「80年代アイドル同窓会」。まず話を始めたのは布川。先月行われた樹木希林さんの告別式、そこで松本とも久しぶりに会ったという。

 そして「式が終わってそれぞれ帰るんだけど、帰りの車の中でヤックン(薬丸裕英さん)からLINEがきて…“今日はお疲れさまでした”と。なんか、(本木雅弘の義母)希林さんがシブがき隊を集めてくれたんだと思うんだけどさ。そして1、2週間してからかな、本木君本人からきちっとした直筆のお手紙を頂いて…本木は立派だったなぁ」と感慨深げに語ると、森尾が「立派だったなぁ…って、お父さんみたいになってるよ(笑)」とすかさずツッコみ、松本は大爆笑。

 そこから話は「80年代の“アイドル時代”」にさかのぼり、布川は、明治大学付属中野高等学校(明大中野)の夜間定時制で同級生だった森尾を学校帰りによく車で送って行ったと振り返り、実は「タイプと言えばタイプだったな、ちょっと。だってそうじゃないと家まで送らないだろ」と、今だからこその告白。

 さらに「アイドル水泳大会」では、今で言う“忖度”がいっぱいあったこと、そしてそれぞれが結婚して、親になって子育てで悩んだことなどを語り合う。

 まだまだ話が尽きない様子の3人だったが、「また今度」「今だから言えたこともいっぱいあったわ」「これが10年前だったら、こんなに話せてなかったかも」と言いながら、今回はお開きとなった。

 収録後、森尾は「会った瞬間に今まで忘れていた当時の出来事が次から次に思い出されました。楽しかった思い出をあの頃のように語り合えるって、“今が幸せ”って事だと思います。あの頃も楽しかったけど、こうして再会してまたおしゃべりするのも楽しいです。このままアイドルしちゃいます!!」とコメントした。

『ボクらの時代』
フジテレビ系
11月18日(日)午前7時~7時30分放送

<出演者>
森尾由美
松本明子
布川敏和

番組公式HP:https://www.fujitv.co.jp/jidai/
©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える