• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

矢田亜希子が織田裕二と14年ぶり共演「やっぱりステキ」『SUITS/スーツ』第8話11・26放送

『SUITS/スーツ』 11月26日(月)放送の『SUITS/スーツ』第8話に矢田亜希子がゲスト出演することが分かった。

 矢田が月9ドラマに出演するのは、『ビブリア古書堂の事件手帖』(2013年1月クール)にゲスト出演して以来、およそ5年ぶり。主演の織田裕二との共演は『ラストクリスマス』(2004年10月クール)以来、およそ14年ぶりとなる。

 矢田が演じるのは、大手建設会社「烏丸建設」が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴える集団訴訟の原告団代表・水原美咲。原告団総勢462人の大きな訴訟だったが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却。「幸村・上杉法律事務所」の代表・チカ(鈴木保奈美)は、原告団の控訴審を引き受け、甲斐(織田裕二)、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らが、美咲たちをサポートする。しかし、彼らの前に甲斐と因縁の深い「烏丸建設」弁護士の畠中美智瑠(山本未來)が立ちはだかる。

 矢田演じる美咲は原告団の代表ながらも、集団訴訟に関してある秘密を抱えていた…。

<矢田亜希子 コメント>
◆オファーを受けた際の気持ち

「主演が織田さんということで、オファーを頂いた時はとにかくうれしかったです」

◆主演の織田裕二さんとは『ラストクリスマス』以来、14年ぶりの共演となります。

「14年もたっているんですけど、織田さんは全然変わらないですね。空気感も、昔を思い出しますし『ラストクリスマス』では濃密な時間を一緒に過ごさせていただいた方なので、本当に14年前にタイムスリップした感覚です。撮影の合間などでは、織田さんとたくさん思い出話をさせていただいて楽しかったです(笑)。久しぶりに共演させていただいて、あらためて織田さんは、安心感があって、ゆだねられる方だなと思いました。何年たっても、やっぱり織田さんはステキでした」

◆演じられる美咲について

「原告団の代表なんですが、ある秘密を抱えていて、代表として前に出なければいけないにもかかわらず、内心ビクビクしている女性です。そんなにセリフが多くなかったので、現場以外で織田さんとたくさんしゃべりました(笑)」

◆出演を楽しみにしている方々へのメッセージ

「私自身、『東京ラブストーリー』を見ていて、今回の『SUITS/スーツ』で27年ぶりに共演された織田さんと保奈美さんを見て、カンチとリカのその後を見ているような気持ちになりましたので、『ラストクリスマス』をご覧いただいていた方にはもちろんこのドラマ『SUITS/スーツ』の役設定が一番ですが、どこかでほんの少しだけでも健次と由季(『ラストクリスマス』で織田と矢田が演じた役名)を思い出していただいて、懐かしい気持ちになっていただけたらと思います」

<第8話あらすじ>
甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)と共に、大手建設会社「烏丸建設」を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。

甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る。それには、烏丸建設の顧問弁護士――甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという噂もあるらしい。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示する。

一方、大輔と共に甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。

そんな折、甲斐の基に、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが…。

『SUITS/スーツ』
毎週(月) 午後9時~午後9時54分

公式HP:http://www.fujitv.co.jp/SUITS/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える